スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第4話「特別な場所、特別な想い、なので」

TVアニメーション たまゆら~hitotose~オリジナルサウンドトラックTVアニメーション たまゆら~hitotose~オリジナルサウンドトラック
(2011/11/30)
中島ノブユキ、保志まなみ(中島愛) 他

商品詳細を見る

 他の感想サイトをチェックしたのですが、ニコニコアニメだと1話分遅れになるようです。最速感想を書くわけじゃないですので、問題は無いですけど。新キャラの先輩さんは、予想以上にゆったりとしていました。このアニメの世界観を考えるに、温厚な性格になるでしょうか。年上さんだけど、そんな雰囲気はあまりないです。楓とグッドなコンビになっていますね。百合センサーも反応してしまいそうです。先輩と後輩だけど、先輩がしっかりしていないというのも面白き。カチコチになって踊る様子には、微妙に【キルミーベイべー】を思いだしました。もっと展示写真は大きくした方がいいかも。父親が撮った桜を探しとは、毎回のごとく感動演出を入れてくれますね。

スポンサーサイト

テーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~ - ジャンル : アニメ・コミック

「たまゆら ~もあぐれっしぶ~」を観始めました

TVアニメーション たまゆら~hitotose~オリジナルサウンドトラックTVアニメーション たまゆら~hitotose~オリジナルサウンドトラック
(2011/11/30)
中島ノブユキ、保志まなみ(中島愛) 他

商品詳細を見る

 ニコニコアニメで視聴しています。平和で牧歌的なアニメです。カメラ好きなヒロインを中心として、女子学生の日常が描かれています。地方の情景描写が言えるでしょうか。リラックスしながら観賞していき、癒されていきましょう。百合フィルターをかけると、テンションアップできるかもしれません。主要キャラはガールズでありますので。2期目は新キャラが登場するようです。まったりとした雰囲気で、猛暑の一時を過ごしていきましょう。1期をフルで視聴したにもかかわらず、キャラの名前は記憶していません。口笛さんという感じで覚えています。2期でも口笛を吹いていましたね。ヒュヒュヒュー!

テーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~ - ジャンル : アニメ・コミック

「とある科学の超電磁砲S」観始めています。

とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
(2012/10/27)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

 【とある魔術の禁書目録】のスピンオフ作品でありますが、あちらよりも分かりやすいです。ラノベ原作を端折りまくった状態でアニメにしていますので、インデックスは意味不明な部分もありました。設定なども簡易になっているでしょうか。主人公側だけでなく、敵側にも原作出身キャラがいますので、原作を読んでおくとより楽しめるかと思います。私自身はちょこまかチェックしている状態ですが。1期目後半はオリジナルで、一方通行などが登場せずガッカリしました。2期目は漫画版展開で燃えあがりそうです。白衣の少女。漫画版じゃポニョみたいな両目をしていたのですが、アニメじゃ違うようです?

テーマ : とある科学の超電磁砲 - ジャンル : アニメ・コミック

「進撃の巨人」観始めています。

自由への進撃 (通常盤/CD Only)自由への進撃 (通常盤/CD Only)
(2013/07/10)
Linked Horizon

商品詳細を見る

 原作既読者であり、ネタバレに注意しながら書いていきます。漫画版を初めて読んだとき、「何だこれは?」といインパクトを受けました。巨人のデザインがギャグっぽくもありますし。人類が追いつめられながら生活しているようです。あまりにも謎が多く、考察しあうのが楽しいかもしれません。特定団体により造られた世界だと、私自身は推測しています。巨人も巨神兵のごとき人型兵器かも? 物語が進行するにつれて、巨人や世界観の謎も明らかになっていきます。序盤での疑問も解けてくるかもしれません。PVから期待して観ていますが、映像的にもいい感じでした。視聴続行といきます。

テーマ : 進撃の巨人 - ジャンル : アニメ・コミック

「ジョジョの奇妙な冒険」(アニメ2部)感想

BLOODY STREAM (「ジョジョの奇妙な冒険」オープニングテーマ2)BLOODY STREAM (「ジョジョの奇妙な冒険」オープニングテーマ2)
(2013/01/30)
Coda

商品詳細を見る

 今期で最高に楽しめたアニメです。スタンドが登場する以前のジョジョを、魅力たっぷりに描いてくれました。カーズは下衆な悪役でしたが、どことなく面白さを感じてしまいます。ウィン、ウィンって何ですか? 死ぬよりも悲惨な結果になりましたね。柱の男というのは、これまた凄い格好をしていました。特定の方々が喜びそうな露出度で。スタンドに劣らぬ特殊能力を発揮して(ちょっとグロかったかも)、素敵な敵役ぶりでした。3部につながるエンドでしたね。丞太郎が格好よかった! 個人的には3部どころか、その後も観ていきたいです。3部以降は長いですので、2クールでまとめようとすれば、どこかで端折る必要がありそうです。丞太郎は、現在では新鮮に感じられる主人公かもしれません。

テーマ : ジョジョの奇妙な冒険 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。