スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 第20話「涼宮ハルヒの溜息 Ⅰ」

涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 限定版 [DVD]涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 限定版 [DVD]
(2009/09/25)
平野綾杉田智和

商品詳細を見る

またエンドレスエイトをやらかさないか心配していましたけど、それは杞憂に終わりました。エンドレスエイトで無駄にスタッフ達の気力を使い果たしたような気がします。「涼宮ハルヒの溜息」シリーズ、3話あたりで終わると見ていいでしょうか?あまり薄めて伸ばさないことを祈ります。再放送回の話数を考えれば、溜息で2期の新作はだいたい消化されるのですね。色々と残念です。「涼宮ハルヒの溜息 Ⅰ」、SOS団の学園祭活動を始めるところまで話は進みました。

まずは体育祭にて、SOS団のぶっちぎりの大活躍。恥ずかしい格好で恥ずかしい四文字熟語で、学校中で話題になっていると思います。キョンもごく変わり者集団の1人として、他の生徒達からは少し距離を置かれていることでしょう。長門も人間じゃないのですから遠慮をした方がいいです。野球大会の二の舞だ。有能な陸上部員さんが自信喪失をして泣いていました。この学校は未だに女子はブルマなのですね。谷口はそれを見て口笛を鳴らすものですし、彼がもてない理由がよくわかりました。キモイとさげずまれても仕方がないですね。私が高校生のとき、体育祭は青空の下のUNOやトランプゲームで盛り上がっていました。懐かしいわ。

学園祭に突入。秋は行事も多く何かと浮かれる時期なのですね。キョンのクラスの出し物はアンケートで決まり。やる気なさすぎです。アンケートや待合室は、高校生のときに提案したことがありますが(楽そうだから)、委員長さんに「後で殺す」と却下されました。殺されはしませんでしたけど、俺達の思い出がどうのこうのと説教された記憶があります。ハルヒはクラスの出し物に期待をせずに、SOS団の活動に期待をかけることに。

ハルヒは自主制作映画を製作することに決めました。深夜映画が超つまらないから自分で創るというのが犯行理由のようです。気持ちは分からないわけでもないかな。いざ自分で製作してみると製作者側の大変さが分かってきて、おいそれと批判する気持ちがなくなったりしますが、ハルヒの場合はどうでしょう?ちなみに、製作された映画は1期のはじめに放映されました。ストーリーこそ意味不明ですが、ある意味で面白いカルト映画です。

「涼宮ハルヒの溜息」ではハルヒが我がままさが特に目立ちます。メイドなミクルに3回に1回はこけろと無茶な要求をしたり、キョンにお茶をかけようとしたりと。行動力があるのは褒められたこと。でも、相手の気持ちを全く考えないのはアレですね。次回か次々回あたりでキョンが切れることでしょう。白石だったら暴れますね。長門や、恐れるミクルの反応が面白い回でした。エンドレスから解放されただけでも、ほっとします。



b_04.gif にほんブログ村 アニメブログへ

↑もし宜しければ、ポチッっとお願いします。

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。