スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こばと。 第10話「・・・オルガンと少年の日」

こばと。限定版 第2巻 [DVD]こばと。限定版 第2巻 [DVD]
(2010/02/26)
花澤香菜稲田徹

商品詳細を見る

小鳩&いおりょぎさん、アパートであれだけ騒いで会話が他の部屋に聞こえたりしないのかな?天気のいい日曜日ということで、小鳩は保育園まで布団を干しに行きます。立派な行為なのですが、いおりょぎさんの言うとおり、小鳩の目的が変わってきていますね。藤本の方は休日も休まずにバイトに出かけていました。深夜は深夜で弁護士になるための勉強を頑張っているようですし、倒れないか心配になりますね。

清花先生が清和の過去話を小鳩にします。清和は孤児として清花の父親に引き取られました。親を失ったのが原因か、清和はムスッとして誰とも心を開けようとはしません。幼い頃からこういう性格だったようです。おかげで、園児達にも嫌われていました。ある日、高校生ぐらいの男子2人が園内にボールを入れてしまい、塀を乗り越えて入ってきました。ボールが当たりそうになり女児を怖がらし、ひまわりを折ってしまいます。悲しむ園児達と、震えながらも勇気を出して怒る清花。罪悪感を感じたのか、男子2人は謝って去りました。思ったよりも不良じゃなくてよかったですね。逆切れして清花に殴りかかってこないかドキドキの展開でした。落ち込む園児達を清和がオルガンで慰める。オルガンが引けるおかげで、清和は園児達と打ち解けていくことができるようになりました。「ただいま」と挨拶をできるようにもなりました。

鼻歌を歌う清和。小鳩に幼い頃のことを言われて慌てる清和。おどけた清和を見てちょっと安心できました。清和は張りつめすぎた弦のようなイメージがあります。いつか切れてしまわないか見ていて不安になります。小鳩のおかげでゆとりができている感じですね。今回のいおりょぎさんは脱水状態が酷くてやつれていました。ビールを喜んで持って帰りましたが、冷蔵庫ってあったかな?


テーマ : こばと。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。