スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣 第9話「キスとバストとポニーテール」

バカとテストと召喚獣 キャラクターソングミニアルバムバカとテストと召喚獣 キャラクターソングミニアルバム
(2010/02/24)
TVサントラ吉井明久(下野紘)

商品詳細を見る

明久の姉である吉井 玲が登場。暑くて汗だくになったから電車の中でバスローブに着替えたとは凄い脱ぎ女です。そこにムッツリーニがいれば、彼は出血死していたことでしょう。性格は極度のブラコンで禁断の域を踏み越えそうな性格。弟の色恋関係には厳しく、明久が女の子と付き合うのをかなり嫌がっています。でも、男同士の恋や、秀吉のような男の娘との恋はOKなのですね。明久がHな本を持っていれば、「姉萌え属性のが無い!」と減点。この姉さんの基準がいまいち分かりません。変な人でしたが、何とハーバード大学卒業者。バカで天才な人と解釈しましょうか。

明久は姉の目を気にして生活を改善したようです。漫画やゲームを売り払い、ちゃんとした食生活にしました。砂糖水や塩水よりはよほど健全です。お弁当は姉さんが作ったのかと思いきや、明久自身がちゃんと料理したようです。姉さんの方は料理が下手で、明久の方はパエリヤも仕上げる程の腕前。こりゃ性格に問題があるとはいえ、姉さんがいた方が成長期の明久にはいいですね。こんな特技があるとは、明久はバカですが駄目人間ではないです。

気のせいか、美波や瑞希がバカになっていました。明久に惚れて妙に暴走していました。瑞希の方はヤンデレさんになってきています。豪く怖い目つきになっていました。ちょっとあの表情は怖いです。明久がポニーテールで巨乳好きを好む傾向があるとのこと。美波や瑞希が融合すれば、あくまでも外見的には明久の好みになるかもしれません。明久の好みを効いたとたんに、瑞希はポニーテールにし、美波は胸を膨らませてしまいました。でも、カッコよくムッツリーニが胸に入れた風船を割ってしまいました。ムッツリーニ、妙な所で真面目だ。明久は女子2人の行動を見ても気がつかないとは……何という鈍感さんだ。

今回は雄二のお色気ショット連発。ケツを出したり、裸エプロン。裸エプロンは秀吉がやるべきです。明久×雄二のBLネタもありました。久保君もなぜかFクラスに入り浸っています。久保もバカが進行してきていますね。姉さんの危ない色気に、BL・男の娘と色々と豊富です。

バカ展開が多かったですけど、シリアス要素もちゃんとありました。明久は姉のために料理を振舞おうとしますが、姉さんは「勉強しなさい」と注意します。この年頃ですし、明久は怒って反発してしまいました。「弟さんの気持ちも酌んでやれよ」と声をかけたくなる。そして、見返すために猛勉強をしだします。てっきり拗ねてゲームをするかと思っていただけに、明久を見直しました。でも、結果は名前欄に第一問目を書いてしまい、以後は解答欄にずれた答えを記入し0点。私も分からないテストを解いていったのにおバカさんです。勿体ない。「努力を自慢するのは本末転倒」という感じの姉さんの考えには同意できます。日本では無駄に努力が自慢されがちに感じます。


テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

瑞希怖かったですね…スタンガンや目潰し並みの戦慄を感じました。

No title

プレイヤさん、レスありがとうございます。

瑞希はキャラにだんだん毒が入っていますね。プロレス技をかけてきたりしますが美波の方が良く見えてきました。瑞希のヤンデレ度の成長にこわごわしながら期待します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。