スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」

とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/03/26)
佐藤利奈豊崎愛生

商品詳細を見る

飾利の能力がやっと明らかになりました。温度を一定に保つ能力。今のところ、日常生活にはちょっとだけ便利な能力ですね。聞いた時は一瞬だけしょぼいと落胆しました。分子の振動を一定に保つ事ができますので、レベルを上げ応用していけば、きっと何か大きなことができるはずさ。飾利さん、前回のこともあり完全に黒子に不信を抱いている状態です。電車での飾利の座る位置から今の関係が露骨に表れていますね。涙子も飾利を怒るのか……。4人組の中で飾利が離れている状態に見えます。次回あたりから飾利と黒子が考え寄っていき仲直りしていきそうです。元々、2人はいい仲間なのですしね。

木山 春生がなぜか釈放されました。人体実験の犠牲になり眠っている子供達を救いたいとはいえ、あれだけのことをやらかしてくれたのです。当然、美琴も彼女の釈放に驚いていました。先進教育局跡に忍び込むというまた無茶をやらかしてくれた美琴は木山と再会。共にチャイルドエラーが眠っている施設にまで行きます。カエル顔のお医者さん、冥土帰しも登場。木山の釈放に手を貸していたとは、彼のコネ力はやはり凄いな。ここってシリアスなシーンなのですね?ゲッコー仮面という美琴の格好がちょっと浮いています。冥土帰しも知っている事を語り、ポルターガイスト編の背後関係が見えてきました。

木原 幻生という名前が厨ニっぽいマッドサイエンティストの爺さん。たしか、チャイルドエラーが長く眠る事になる実験をやらかしてくれた悪者ですね。神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くものというレベル6を造る執念を燃やしていました。能力者から取り出したという能力体結晶を埋め込めば、レベル6ができると主張していました。チャイルドエラーに行なった実験も暴走を試すものではなく、能力体結晶を埋め込むというものでした。冥土帰しの忠告したとおり、子供達は拒否反応を起こしてあの通り。能力体結晶のことは、当時の木山も知らなかったようです。幻生は消息不明か。学園都市内の権力争いに敗れて追放されたか、あの性格が暴走し狂気に侵されたか。

眠っているチャイルドエラーが覚醒しようとすると、共鳴が発生してポルターガイストが起こるようです。それも学園都市が崩壊しかねない大災害となります。ワクチンソフトがあればいいのですが、ファーストサンプルという初期の能力体結晶が必要です。木山は上手くいかなければ、大災害も覚悟の上で子供達を目覚めさすと言います。気持ちは分かりますが、愛ゆえに盲目になっています。やはりまた傷つく人を出してはいけませんよ。美琴は上条さんのようになっていましたね。テレスティーナが部下を連れていいタイミングで現れる。美琴をつけていたとは……。テレスティーナも正論を吐いていますが、善悪を抜きにして彼女の企みを感じてしまいます。

枝先 絆理は春上とテレパシーで会話をしていました。眠っている今も春上に助けを呼び、それが原因で春上がポルターがイストの媒介になっているのかもしれません。今回もシリアス路線ですが、暴走する黒子に、ゲコ太のお面を見て冥土帰しを思い出す美琴など、ちょっと笑えるネタも色々とありました。いい甘み成分になっています。脱ぎ女さんもさすがに予告でなければ脱げないか。


【追記】

飾利の能力を分子振動を固定する能力だと解釈しましたが、他の方のブログ等を拝見させて頂くと、エネルギーを放出して温める能力だと書かれていました。そちらの方が説得力がありますね。レベルアップすると戦闘にも使えるかな?観直してから彼女の能力について細かく確認しておこう。


テーマ : とある科学の超電磁砲 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

初春のはどうでもいい

同じ木原姓の人が禁書にいるんだぜ
一方通行を研究したあの人です

そして体晶は禁書のアイテム構成員
滝壺の愛用品です

No title

闇の投下爆弾さん、レスありがとうございます。

木原一族(?)アクドイですね。一方通行も関係していたとは。いろいろな方法でレベル6に到達する方法を研究しているのかな。

No title

一方通行の過去や木原君については原作12巻に出てきて、体晶については15巻に出てきます。
ここら辺が気になる場合は、3,5、8,12,13,SS、15,SS2、19巻が科学編になってます。
※3巻5巻はアニメ化済

ここで気になるのは、
次回タイトル「今、あなたの目に何が見えてますか?」ですね。

私見では初春が3人に語りかけていると思ってます。
友達を信じることが出来ないで、他の友達と関係を続けられるのでしょうか?
友達を疑ってでも正義をなせばよく、信じ続けることは愚かでうざい事でしょうか?

ED曲は「Dear My Friend-まだ見ぬ未来へ-」です

No title

あうとさん、レスありがとうございます。

飾利と春上、春上と黒子の距離の差もあるかな。

視聴者の立場だと物語全体がぱっと見えますが、飾利という物語の1キャラという立場で見ると「何で疑うの?」となるのですね。あくまでも視聴者視点でキャラ批判したことに自己反省かな。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。