スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AngelBeats! 第2話「Guild」

Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/06/23)
神谷浩史櫻井浩美

商品詳細を見る

噂通りに、この世界はネトゲーかPCの中にあると考えていいでしょうか。仕掛けられたトラップをかわしながら進んでいき、最後にボスキャラの天使と戦うところ等、どこかゲームっぽかったです。この世界では記憶にあるものを土くれから創造できるようです。ただし、漫画で知っただけの物等はできません。この辺もヴァーチャル世界だなと感じてしまいます。この世界が電脳世界にあるとすれば、なぜこの世界は存在し、なぜ音無達は存在しているのかも気になるところです。罠に引っかかって仲間が次々と脱落していくシーン。今回は死なないので暢気に構えていましたが、対天使戦が本格的になると「脱落」はシリアスなものとなりそうですね。

OPは綺麗なものでした。天使がピアノを弾いて、その背後で空が大きく流れていく辺り等が。キャラ名が表示されますので、キャラの名前を覚えるには助かります。「デュラララ!」でもOPで大勢いるキャラの名前を時間をかけて覚えていく事ができました。今回の話では、忍者っぽい娘さんこと椎名と、音無にやたらとなれなれしくしていたホモっぽい男子が印象に残りました。椎名は犬のぬいぐるみを犬と間違えたりと、実はかわいらしい性格をしていましたね。工場長っぽいチャーは高校生?髭が伸び放題のせいか、おっさんにしか見えませんけど……。

ゆりが過去を語りました。彼女は金持ちの令嬢でしたが、子供達だけで留守にしていた時に強盗に襲われました。強盗達はゆりの妹弟を人質に、金目の物を探すようにゆりに命じました。これは強盗というよりも、嫉妬に満ちた愉快犯でしょう。職にも恵まれずに貧乏な生活を強いられて、怒りと疲れで精神が荒れてしまった人達。仲間で集まっている時に「俺達が苦労しているのに、あの金持ちは暢気に生活している。気にくわねー」と盛り上がって、やっちゃったのでしょうと推理してみます。複数の子供を殺していますし、捕まれば検察は確実に死刑を求刑しますな。ゆりは強盗に殺されずに助かりました。音無の正体が実は彼女の弟を元に創られた線もあるかな?

今回はシリアスも入っていましたが、全体的にギャグっぽかったですね。死なない設定がありますので、死んでも緊迫感は感じられません。圧死した人については、戻ってもどうするのだろうと疑問は持ちましたが。噂ではしばらくはこんな感じで話が進むそうです。あのトラップ、結局ゆり達の進行を邪魔しただけで無意味でしたね。


テーマ : Angel Beats! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。