スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKING!! 第10話「疑惑の真相…、なずな働く。」

WORKING!! 4 【完全生産限定版】 [DVD]WORKING!! 4 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/07/21)
福山潤阿澄佳奈

商品詳細を見る

小鳥遊宗太が女装して、しっかりと伊波のパパにきつく説教しました。伊波のパパは反省した様です。そんな事があり、伊波は宗太を好きだとはっきりと意識しだしました。サブタイトルからしてなずなが主役を張るかと思えば、伊波に焦点が当てられていました。恋をした事で伊波は終始戸惑っています。宗太の方は色恋に関しては鈍感で、伊波の気持ちに気がつく様子はありません。それでも、献身的に尽くして、伊波の性格を社会に適応できる様に協力します。殴られてもここまでしてくれる男性はそうはいないでしょう。伊波もここで宗太のハートをキャッチしなければ、大きなチャンスを失います。「自分が男性恐怖症を治せば、構ってくれなくなるから……」という発想はヤンデレが入っていますね。

なずなは後半から登場しました。兄がバイトの帰りに彼女らしき女子高生と歩いていますもので、気になって店に体験生として入ってきた様です。店長に贈り物をしっかりとするあたりは、怖いというかしっかり者というか。なずなが背が高い事は知っていましたが、伊波より背が高く胸も大きいとは驚きです。なずなと伊波が向かい合っても同世代同士にしか見えません。なずなが、伊波の兄に対する暴力を目撃。殴られても怒らない兄に疑問を抱きます。宗太もしっかりと説明しませんし、伊波も緊張しすぎて相手の話を聞きませんし、「兄がマゾ」という勘違いはなずなの頭に固まってしまいました。なずな個人としては勘違いしても兄を軽蔑する様な事はないのですが、間違っても姉上達には教えない方がいいかと思います。

店長が出張という事で八千代さんが精神的に落ち込んでいます。店長って会議とか、ブラックなら吊るし上げ等で大変な仕事なのですね。相馬の嫌がらせで、八千代さんが佐藤さんに「お友達」として構ってきたものですから、佐藤さんが生殺しの目に遭っていました。山田はうざ面白かったです。所々で「山田……です」というセリフを入れてきますので、物語のテンポが良くなっていますね。ぽぷらは空気気味だなと思えば、女装した宗太の写真に萌えていました。ミニっ娘に萌えられるとはどんな気分でしょう。焦点の当てられた伊波やなずなは元より、ワグナリアの面々も楽しかったです。


テーマ : WORKING!! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。