スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略!イカ娘 第3話「怖くなイカ?天敵じゃなイカ?新入りじゃなイカ?」

侵略!イカ娘 1 [Blu-ray]侵略!イカ娘 1 [Blu-ray]
(2010/12/24)
金元寿子藤村歩

商品詳細を見る

 UMAなイカ娘が非科学的な幽霊を信じてくれません。頭から生えた無数の触手を動かし、体内から黒い液体を吐いて、蛍烏賊のごとく全身発光してしまう謎の生物、イカ娘。栄子はイカ娘に幽霊を見せようと墓場にまで連れて行きました。幽霊に扮した千鶴さんが驚かす予定だったのかな?日本人とは感覚の違うイカ娘は夜の墓場に恐怖を感じられませんでした。暗さなら深海の方が勝っていますし、幽霊は物理的な攻撃をできませんし。栄子達4人が発光するイカ娘を幽霊と間違えて怖がる羽目に。たとえイカ娘と分かっていてもあれは怖いでしょう。悟郎は黒マッチョながらチキンライフセーバーです。本当に現れた幽霊達は親切でした。幽霊は見かけによりませんね。

 イカ娘は浮き輪を鮫やらシャチと間違えて怖がっていました。イカならそういう魚を怖がりそうですが、むしろ食物連鎖では上位に来ている事に吃驚。鯨は怖くないのかな?グリーンピースやシーシェパードをバッグに控えていますので、海の中では強力な存在です。たけるは海の近くに住んでいるのに泳げない事に悩んでいました。悟郎が千鶴さんの色気に負けて教えてくれます。マジでライフセーバーの仕事は大丈夫かな……。イカ娘が邪魔しまくっていましたね。触手で泳ぎ、水中で呼吸できていそうな彼女では泳ぎの参考になりません。悟郎に手足だけで泳ぐように言われるも、触手泳ぎになれているせいか、無残な泳ぎっぷりでした。マッチョ同士の追いかけっこには笑えました。

 斉藤 渚という少女が海の家にバイトにやってきました。コンビによりもバイト代は安い(750円ぐらい?)ですが、趣味のサーフィンと両立できるという理由で働いてくれます。予告からライフセーバーの後輩さんかと勘違いしていました。渚のイカ娘に対する反応は至極まともなもの。触手を動かす彼女を未確認生物として怖がります。これがイカ娘にとってもっともありがたい態度なのですね。どんな馬鹿な態度を見せても自分に対して畏怖を抱き続ける渚を天使のように崇めていました。異常な人達の中に正常な人がいると、その人が異常者として扱われるといいます。渚はそんな状態?イカ娘は脅してきてもかわいいです。

 海老はイカの好みの食べ物ですか。海老娘がやってくれば、イカ娘は彼女をいびったりするのかな?「イカ娘」は話の面白さよりもイカ娘のかわいさを愛でるアニメという意見もありますが、3話は話の面白さが格段にアップしていました。盛り上がってきたかな。


テーマ : 侵略!イカ娘 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。