スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録II 第6話「残骸(レムナント)」

とある魔術の禁書目録(インデックス) 7 (ガンガンコミックス)とある魔術の禁書目録(インデックス) 7 (ガンガンコミックス)
(2010/11/12)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

 久々に黒子&初春が登場しました。シャワールームで黒子が美琴に襲い掛かるのはお決まりのシーンですね。下着ショップは仲良く騒がしくお買い物。どこかの男子(上条さん)に恋する乙女の美琴に、黒子はショックを隠せません。涙子抜きで、ちょっと雰囲気の違ったレールガンという雰囲気でした。こちらの初春もレールガン時と同様に有能なサポーターぶり。彼女と美琴との会話は描かれていませんでしたが、関係はどうなのでしょう?一方通行&ラストオーダーまでもが登場し、随分と賑やかになりました。一方通行が女性説も聞きましたが、あの体つきだと男子ですよね?最強クラスの能力者も今はお子様の世話ですか。本格的な活躍は次回となりますか。

 「樹形図の設計者」(ツリーダイヤグラム)という世界一の演算能力を持つ超高度並列演算処理器が1期でインデックスにより破壊されてしまいました。ここのあたり、私の記憶が薄れてしまっています。本体は宇宙船に搭載されたものの、インデックスの「竜王の殺息」により破壊されてしまいました。100%の命中率を誇る天気予報も「樹形図の設計者」により行なわれていましたので、それが破壊されたとなると天気予報も当たり外れが現れてきます。この「樹形図の設計者」の残骸を巡って、何やら怪しげな事件が起こっています。原作未読者にすれば、アニメだけで事態の把握は難しそうです。残骸といえども、元が世界一のコンピューターとなると重要でしょう。美琴が関わるのは、レベル6開発実験の復活阻止でしょうか。

 黒子の前に立ちはだかる新たな能力者、結標 淡希。上半身はサラシを巻いて胸を隠しているだけという露出度が高い格好をしています。レベル4の座標移動能力を使用します。黒子とは違い物体に触れなくとも、物を移動した居場所に一瞬でワープさせてしまうという脅威のもの。明らかに黒子よりも上位能力者。黒子は次々と刺されて不利な状況に陥りました。刺された場所が脇腹とは内臓にいっていないか不安になります。彼女は何かを企んでいた様ですが、説明している意味がよく分かりませんでした。黒子に怪我を負わせた為に美琴の怒りを買いレールガンをぶっ放されるも、能力で移動させた人間を盾にして逃げました。この人達はあんな高さから落下すれば、どちらにしろ骨折をしてしまいますよ。「自分自身をテレポートして逃げろよ」と言いたいところですが……訳ありで無理かな。

 美琴と黒子の友情が見れて、善いレールガンでした。以心伝心が通じる素晴らしい仲。初春の本来の性格がはぶられていたという、掲示板で聞いた噂。黒初春とか気になるところです。次回は上条・美琴・一方通行の登場で盛り上がる事を楽しみにしています。



http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65425182.html
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2010-11-13


テーマ : とある魔術の禁書目録2 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。