スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/12/22)
竹達彩奈、中村悠一 他

商品詳細を見る

 いきなりの桐乃作品がアニメ化って展開に吃驚だ。夢落ちかと疑いながら観ていました。「バクマン。」を観ていると、アニメ化までの道のりがとてつもなく長い長い。それがこんなにあっさりとアニメ化される。こう言っちゃ悪いですが、桐乃の様な素人中の素人が妄想のままに描いたラノベがアニメ化されるとは。まあ、現実でも「何でこんなラノベが……?」というのも中にはあったりもしますね。アニメ会社スタッフ達の調理次第で何とか面白くなったりもしています。というか、アニメ化が前提計画で書かせていますか。雰囲気がいつもとは違いました。アニメ会社での打ち合わせのシーン等も原因の1つかな。このアニメ自体の裏舞台が描かれている様な気もしました。

 桐乃原作「妹都市」がアニメ化されたという上手い話には裏がありました。アニメ化予定の作品が没となり、急遽に「妹都市」に焦点が当てられたの可能性があるという(BY沙織)。原作1巻だけでアニメ作品1クール分やるとはオリジナル要素を満載にしなければ無理ですよね。桐乃は自分で考えた設定を盛り込んで2クールやる予定でしたか。場の雰囲気を読まずに打ち合わせではしゃぐ桐乃はやはり中学生だなと感じられました。当然に桐乃のアイデアは見送られ、ボロ糞叩かれて落ち込んでしまいました。アニメ化されただけ、ありがたいんじゃないのかな。さすがに主人公の性別改変はどうかなと個人的には思います。百合もニーズがありますし、むしろ男性キャラを前面に出さない方が受ける傾向があるかもしれません。女性じゃ体力がないって、その辺はリアルにしなくていいのではないですか?「妹都市」はあくまでもネタ種で、原作者の意向よりも視聴者に受けるようにアニメを制作します。これはこれでマイ脳味噌は説得されてしまいました。黒猫の言うとおり、原作をしっかりと知る必要はありますが。

 熱い京介の説得&土下座よりも黒猫の毒舌説教が効きました。京介の心の闇をずばりと見抜いてしまいます。才能豊かで美人で何でも上手く運ぶ桐乃に対して京介は嫉妬を募らせていました。それも、あの生意気すぎる態度。京介が桐乃を嫌っていても無理なく感じます。案外、桐乃に対して嫉妬を薄っすらと感じた読者・視聴者の方もおられるかもしれません。黒猫も桐乃作品がアニメ化された事に対して苛立ちを感じている様子。彼女はシナリオ制作や小説作法に関する本を読み込んで創作活動に取り込んでも桐乃の様にはいきません。「妹都市」を批判したロンゲ眼鏡のスタッフさんも売れない小説を書いていて、心の底に嫉妬を溜め込んでいたようです。黒猫が桐乃に対して抱く最大の嫉妬は、どんなにうざい態度をとられても妹の為に尽くす兄の存在ですか。後半から黒猫の魅力が引き出されていました。彼女の成長が楽しみです。そのうち、黒猫主人公のスピンオフ作品が出るかも。

 桐乃を取り巻く創作物の受けて側を中心に描かれた物語でしたが、今回で一気に作り手側に。それで、今までとの雰囲気の大きな違いはそこにあり?あっさりとアニメ化話が出てきて、桐乃達がアニメ製作スタッフと打ち合わせする話になり、夢落ちを疑うぐらいにリアリティーの段差を感じられました。何気にロボアニメに力を入れていましたね。背景に映るそのそのアニメばかり目を奪われました。OPにも出ちゃっていますし。


テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

テレビ朝日のドラマでは原作改変は常識です。富豪刑事は原作では男なのに、ドラマでは深田恭子が富豪刑事やって視聴率を上げていたし、はるか17は原作が芸能プロダクション物でアイドルの枕営業とかの描写があり、ドラマでは改変されたし、それでも桐乃は完璧すぎると…。あんまり親しみがわかないです。妹のために頭を下げたり、妹のために犠牲になっている京介が報われてもいいと思います。

No title

ラヂオランチさん、レスありがとうございます。

実写版カイジもキャラの性転換やっていましたね。ああしないと女性キャラが極端に少なくなりますので仕方がないですけど。原作改変は基本的にOKかなと思います。「妹都市」の場合は主人公は少女のままで良いと思いますけど。

京介もあの妹によく付き合いますね。黒猫辺りが桐乃にガツンと言って欲しい気分です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。