スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略!イカ娘 第9話「ピンポンダッシュしなイカ?メイクしなイカ?秘密兵器じゃなイカ?」

侵略!イカ娘 7 (少年チャンピオン・コミックス)侵略!イカ娘 7 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/10/08)
安部 真弘

商品詳細を見る

 タケルも悪い悪戯をする子なんだ。小学生に煽られてピンポンダッシュしてしまったイカ娘は、ひょんな事から友達ができました。紗倉 清美というバトミントンに励む眼鏡の女子中学生。変わった感じのイカ娘に興味を持って友達になってくれました。このアニメのキャラとしては普通の部類だ。イカ娘が彼女を相沢家に招き、千鶴&栄子は普通に喜んで応援しようとしました。イカ娘はけっこうな小心者の上に、妄想が激しく深読みしすぎ。雛見沢症候群?勝手に家に友達を上げた自分を千鶴が殺すと勘違いして怯えていました。千鶴の開眼した表情はたしかに怖かったですけど、イカ娘視点による畏怖補正がかかっていますね。ストⅡでの使用キャラはダルシムですか。腕が伸びるだけあり、イカ娘と相性が良さそう。

 ここの海岸で何かイベントでもあったのでしょうか?山姥ギャルにビジュアル系、平安美女と色々な客層の人達が集っていました。イカ娘はメイクに興味を抱きます。年頃の女の子だからというわけでなく、侵略者として人類を落としたいが為に。今時のギャル2人にメイクをしてもらうもけばいイカ娘。触手もお洒落に巻いています。このギャルは「チョーウケル」が決めセリフですか?「れもん」メンバーでメイク大会。いつもとは違った大人の味が出ていましたが、やはり栄子や渚はナチュラルの方がいいです。タケルは男の娘化してしまいましたが、そのまま女装に走らないかな。イカ娘はデスメタル風味に決めると予想していました。結果は油性ペンでアフリカ風味とお馬鹿。イカ娘の口紅を追って泳いだ早苗は随分と遠くまで泳いでしまいました。この娘も愛で人類の域を超えてしまったようです。

 早苗とシンディーが出会う時、海の家「れもん」は修羅場と化しました。早苗の変態さはますますレベルアップしていっているように感じられます。シンディーがされた様に、触手で絡められた上にねばっこい液体をかけられて昇天してしまいました。むしろ、イカ娘が疲れている様子。透明になれる弾と聞いて、こっそりイカ娘のお風呂場に侵入して鼻血ブー。栄子もすっかり早苗に引いていますね。米国地球外生命対策調査研究所のトリオも来ました。海パン+白衣姿はいかにも怪しいおじさん。侵略者としての威厳を出せるという変な銃を出していましたが、失敗作で物を消滅させる危険な兵器でした。この人達の研究成果が出回れば、世界観が一気に未来風味に変わりそうな予感がします。渚も素直に感心していました。海の家を消された千鶴は開眼してマジ切れ。トリオを全裸にしてしまいました。ついでに多額の慰謝料も請求するといいです。

 EDはほのぼのとしていました。清美が早苗やシンディーに会う日が怖い……。元首相も宇宙人達と一緒に出演していましたね。国会で場違いな言いまくっていたり、変な鳩踊りをしていましたし本物かも?


テーマ : 侵略!イカ娘 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。