スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ 第10話「あたしの中の……」

神のみぞ知るセカイ 10 (少年サンデーコミックス)神のみぞ知るセカイ 10 (少年サンデーコミックス)
(2010/09/17)
若木 民喜

商品詳細を見る

 同じ本好きとして汐宮 栞の気持ちも分かります。自分のペースで文字の羅列を物語や知識へと構築しなおしていき、脳内に世界を広げて記憶として定着させていきます。脳内で広がった世界を、さらに別の読書により広げていく繰り返し。言葉の数が脳内に染み渡り、自分が自分の心の中で歩ける距離が広がっていき、それが楽しみとなります。栞とは気も合いそう。本をコミュニケーション障害の逃避場所に使いすぎるのはよくないです。自分が外の世界に触れ合っていかなければ、いくら文字の列を目で追っても本の内容を具体的に頭の中で再構築できなくなります。現実から学べる常識を持っていないと、本の内容を鵜呑みにしすぎたりという自体にもなりかねません。栞は脳内引き篭もりから脱出できないと。

 桂馬は本好きを挑発する言葉を吐き続け、栞の感心を引きました。本は無駄とか、電子書籍の方が合理的で良いなど。怒った栞は「馬鹿!」とも言いきれませんでした。それからも桂馬は挑発を繰り返していきます。桂馬は上手い!栞が無口なのだけでなく、他人へ関心を持つ事から背を向けていた姿勢に気がついていたかな。栞に「アヒョッ!」と叱られた時、彼女の内心の変化を読み取っていたようです。栞は怒りを伴いながらも桂馬に関心を持ち、自然に心の中ですか呟かなかった思いを口に出せるようになっていました。このタイミングで桂馬は栞が共感する様なセリフを呟き、自然な会話の流れに持ち込んでいきました。明るい運動部の少年が桂馬の立場に立てば、栞にガンガン話しかけていたと思います。それでも上手く運ぶかもしれませんが、心の扉を開くのじゃ難しそうです。桂馬は言いたい事をガンガン言い過ぎる性格ですが、何かに篭りやすい点で栞と同類。自然と栞の気持ちが分かったりするんでしょうか。

 この学校の図書館は視聴覚資料を取り入れるのですか。何と贅沢な!根からの本好きな栞は反発していました。そのせいで書籍の一部が処分されますうえに、本好きでない者達まで図書館に来ますから。その件についてのプリントを破り捨てた栞。大人しい栞の見せた激しい怒りの行動に少しドキッとしました。この行為に表れた栞の心理から桂馬が最終攻略を開始します。エルシィも羽衣で破れたプリントを再現するとは桂馬の予想に反して役に立っていますね。ただの消防車マニアで終わらなくて一安心です。BJのパロはやっちゃったという感じです。エルシィはピノコですか。

 栞クラスまではいかなくとも、想像力が豊かな小説好きは本から受ける衝撃が大きいです。下手すれば漫画や映像よりも印象に濃く刻まれるかもしれません。本好きの少年少女がよく通う市民図書館に官能小説もどきが置いてあったりしますけど、教育に悪いかも。強姦の様な問題シーンある小説はR-18にして、少年少女に貸し出さないようにした方がいいかもしれませんね。そんな規制は意味がないですけど。


テーマ : 神のみぞ知るセカイ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

TBありがたく受け取りました

>現実から学べる常識を持っていないと、本の内容を鵜呑みにしすぎたりという自体にもなりかねません。

 生兵法は大怪我の元ですからね。現実の生活から知識を省みないと酷い目になる。

No title

五遷筲始さん、レスありがとうございます。

自戒の意味も込めて書きました。経験無しで知識だけ溜めても駄目ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。