スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話「俺の妹の人生相談がこれで終るわけがない GOOD END♡」(TV版・最終回)


俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)
(2010/05/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

 桐乃がやけに大人しく振舞っているかと思えば、やはり兄に対するお願いがありましたか。秋葉原での深夜販売にてエロゲーを勝手と。そのタイトルは「おにいちゃんのパンツなんかぜったい盗んでいないんだからね!!」といういかにもラノベのタイトルでありそうなもの。ギャルゲー柄のジャンパーに痛自転車……いったい誰なんでしょう?何とここで友人の赤城と出会ってしまいました。彼も妹にガチホモ・ゲーを買わされている京介と同類の苦労人。ガチホモと801はまた違う属性と思っていたのですが……。赤城の「ホモが好きなんだ!」の叫びはBLファン女子達に勘違いされた感じで受けていました。拍手、拍手。京介と赤城の漫才が一番笑えるポイントでした。深夜販売ってリアルでもこんな感じかな。

 桐乃は全体的にいつもよりは優しい雰囲気でした。京介は人間を恐れる野良猫の様な態度で警戒していました。暴力過剰で暴言もきつい妹ですから分かります。京介が帰宅した後も一緒にエロゲーをプレイ。兄妹でゲームをする事もありましょうが、都条例で規制されそうなエロゲーですよ。打ち解けた感の桐乃は秘密の物を見せると。父親が警察官なのにエロゲーやらを買いまくっています。これも京介のお陰なのですけど。実は桐乃はアメリカに留学する予定。兄の京介だけには直前まで打ち明けられなかったようです。京介は「行けよ」という言いすぎな態度。桐乃は本当は兄に止めて欲しかったのですけど、プライドも高くて素直に言えなかったのですね。落下により進行したエロゲーが桐乃の気持ちを代弁したのは良い演出。桐乃の暴力は酷すぎてただのDVになっています。いつもにも増して、京介に憐れさを感じてしまいました。

 結局、桐乃はアメリカに行かなかったのですね。京介に対する愛情を漏らさない様にしようと意地を張っている尻尾が丸見えです。最後には再び桐乃の人生相談。兄に対するコミュニケーションで、京介は満面の喜びに溢れていました。もうシスコンですね。桐乃の好き嫌いはリアルで大きく分かれているように感じます。性格はきついですし、兄に対する暴力も過剰。プライドが高すぎて、兄に対して素直になれず不器用なきつい態度をとってしまいます。それでも、京介は妹の内心の愛情を感じとれてハッピーになれたのです。苦労に苦労を重ねていますけど、本人が幸せならそれでいいでしょう。私としてはこんな妹は欲しくないです。むしろ、地味子か黒猫がいいです。最後の方で踊っていたダンスがかわいかったです。何だか、妹さん達が心配していましたよ。

 何気に桐乃のパパのツンデレぶりが良かったです。警察官なのに不審人物と間違えられるのはマダオ故ですか。13~15話は別ルートの物語でネット配信するようです。情報チェックしていきましょう。2期はやるのかな?



http://www.animenote.jp/archives/2010/12/20101220_2034.php


テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。