スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢喰いメリー 第3話「夢の向こうから」

夢喰いメリー (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)夢喰いメリー (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2008/10/27)
牛木 義隆

商品詳細を見る

 如月みなとのイベント、原作2話分を1話かけてアニメにしていました。ゆったりとした感じもありますが、駆け足展開で分かりにくいアニメよりは分かりやすくて良かったです。全体的にどこか寂しげな雰囲気はそのまま続きます。夢路の下から去ったメリーが、夢路と再び組んでやっていく過程が描かれていました。現界に生身のままにやってきた夢魔メリーは夢の世界に帰りたがっているようです。他の夢魔と会えれば手掛かりはつかめますが、滅多に出会えません。そこで夢路の悪夢探知能力に頼る事になるのです。話が進んでいけば、情が深くなってきて利害関係抜きに仲良くなっていきます。話の型としては「灼眼のシャナ」と同タイプですね。

 如月みなとは無邪気で明るい女の子。ラストオーダーとどこか通じる様なキャラです。ドジとはいっても、こんな愛らしい娘が友達がいないとは勿体ない。イチマという夢魔のいいつけで友達を作らないようにしているようです。イチマはみなとを器にするつもりで、他の人間達との接触を止めているのですか。リアルでも友達と言いながら寄ってきて、相手を利用手段に考えている人がいますので要注意ですね。イチマが寂しかったのは図星かもしれませんが。みなとは夢路&メリーに触れ合っているうちに心を開けました。友達一杯になるのも時間の問題でしょうか。イチマの方はメリーにあっけなくやられてしまいました。戦闘シーンもオリジナル要素を詰めて広げずに原作に忠実。抓ってビンタで終了。市松人形を元にしただけに、ホラーに豹変してしまう不気味な夢魔でした。

 ドーナツを欲してデフォルメ顔になったメリーがかわいかったです。陰のつけ方といい、くびれ方といい、線の入り方といい、メリーのお腹が凝りまくっています。おへそフェチになってしまいそうなアニメです。お腹はもちろんですけど、たまに見せる虚無感を含んだ寂しそうな顔がメリーの最萌えポイントだと思っています。エンギ・スリーピースが予想以上に早く登場。厳しいオルソラさんですね。



http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2011-01-21
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65479505.html


テーマ : 夢喰いメリー - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

上からry

インなんとかさんだけ面白かった。

うざいのにかわいいってw

No title

fate(*´ω`*) さん、レスありがとうございます。

メリーさんファンになってきました。ヘソだし要素を抜いてもじゅうぶんにかわいいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。