スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ REVERSE 第24話「決戦!ユウサリ中央」

テガミバチ こころ紡ぐ者へテガミバチ こころ紡ぐ者へ
(2010/03/04)
Sony PSP

商品詳細を見る

 ユウサリの地にてカベルネとの最終決戦。今までのキャラが総登場で盛り上がります。まさか、摩訶やニッチの姉さんまでもが再登場するとは。アニメ版では、館長が摩訶に頼み込んだようです。館長凄し!摩訶VSカベルネは怪獣バトルさながらの迫力でした。ニッチ姉妹の共闘が見られたのは良かった。カベルネは隙間を埋めてしまい、鎧虫としての弱点を克服してしまいました。ニッチ姉妹は協力してカベルネの体を割って隙間を作り出します。ラグとノワールのダブルショットで撃破!ガラードが多数の鎧虫を呼び寄せ、ビー達との壮大な決戦が繰り広げられていて熱い展開でした。カベルネがここで倒されるのは物足りないと感じれば、ロレンスが自らを生贄にし、カベルネが羽も生えた状態で完全に復活。ハーゴンとシドの様な状態?

 ラグはゴージュがけっして帰ってこないと悲しんでいました。「ノワールだけどゴージュ」というニッチの言葉。ゴージュがゴージュとして生きてきた記憶(データ)は全て失われてしまい、復活も不可能。ですけど、ノワールもゴージュも同じ基盤から組み上げられたキャラ。ノワールは精霊になれなかった者達を必死に守ろうとする心優しき青年であり、心はゴージュなのですね。ラグはノワールにゴージュを見出し、心の決着をつけられました。ノワールはラグを庇って重症を負ったようです。このまま死んでしまいそうな予告でしたが、ミスリードである事を祈ります。ノワール死亡では悲しすぎます。

 シグナルとシグナレスはリバースに協力したわけではありませんでした。政府に恨みがあるとはいえ、目的の為に弱者を虐げる事は協力できません。サンダーランドJr博士がリバースに協力していたかのような演出もありましたが、予想通り精霊になれなかった者達を助けていました。すっきりとする展開です。ロレンスは怨の感情が強すぎてダークサイドに堕ちたと、双子と比べて実感するところです。アニメ版の終盤も予想以上に盛り上がって面白かったです。



http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2011-03-20-1


テーマ : テガミバチ REVERSE - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。