スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイアムアヒーロー」5巻を読みました

アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)
(2010/12/25)
花沢 健吾

商品詳細を見る

 ジャンルはゾンビ・パニック。妄想癖が凄まじく、幻覚に悩まされる不安定な主人公視点で物語が進んでいきました。それゆえに、ゾンビが出てきても、それがリアルなものかどうか分からないという不安定さ。恐怖の迫り方が上手いと魅入りました。しばらく、ぐだぐだな展開が続きましたが、5巻には個人的に衝撃を受けました。実際に自分の身に不幸が迫るまで危機を実感できない人間達。嘘やデマにかき回される人達。現実にどことなくリンクしていますね。シンクロを感じてしまいます。「2ちゃん」での会話はそれらしく仕上がっていました。ゾンビに溢れてもテレビ東京がアニメをやっている設定には、いかにもありそう。読んだ時期が時期だけに、リアルと比べてしまい強く印象に残ってしまいます。私も色々と気をつけなければ……。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。