スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。 第24話「電話と前夜」

TVアニメ『バクマン。』DJCDTVアニメ『バクマン。』DJCD
(2011/04/06)
DJCD

商品詳細を見る

 金未来杯の勝負が決まったようです。トップに並んで立ったのは亜城木夢叶&福田真太。1位という場所に2作品が立った事に対して、福田達は少し不満な模様。贅沢な悩みにも感じてしまうところなのですが……。この状況でも浮かれず、最高&秋人、福田は更に懸命に面白い作品を作ろうと燃え上がっています。やはり凄い若者達。蒼樹紅は届かず残念。少年誌向きではない作風が原因かな。彼女は負けても揺るぎなく前へ向かって歩んでいっています。編集者の「悪くない」という言葉に満足せず、「良くない」点を指摘させる辺りに物語製作者として惚れてしまいます。パートナーの中井さんは蒼樹しか目に入っていないようで不安なところもあります。コージはやっぱ駄目でしたか。ギータが勿体ない……。

 漫画家達だけでなく、編集者側の物語もきっちりと描かれていました。雄二郎は乗り込んできた福田に言い聞かせていましたが、内心ではコージに納得していなかったようです。編集者としてのプライドが幾らか傷つけられたようで。内心を隠して行動するあたりは立派に社会人だ。雄二郎と哲はライバル同士にあたりますが、一緒にお酒を飲む時もあります。哲の方が一応は年上ですよね?雄二郎がタメ口な分だけ、哲の腰が低く感じてしまいます。忙しい合間に同僚2人で飲みに行くシーンに、良い味を感じました。焼き鳥が美味しそうに焼けていて、食べたくなる気分。漫画家も夢を追いかけて頑張っていますけど、このアニメの編集者達も漫画達と一緒に作品を創っていこうという熱い情熱を感じてしまいます。

 亜豆は秋人に電話をかけてきました。恋人の親友ですから伝えたい事もたくさんあるのでしょう。せっかく、最高と喋れるチャンスだったのに切っちゃいました。タイミング的にも酷い。少しぐらい会話してもいいのにと思ってしまいます。後は連載会議ですか。一旦終了すれば、2期まで待ちましょう。


テーマ : バクマン。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。