スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テガミバチ REVERSE 第25話「こころの光」 (最終回)

テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
(2010/10/04)
浅田 弘幸

商品詳細を見る

 原作でも人工太陽やアカツキについて不明な部分も多いままですので、その辺は触れずに最終回を迎えました。下手にオリジナル設定を加えない方が正解だったかな。その辺のところを納得できれば、すっきりと気持ちの良い終わり方でした。私としては世界観の設定で気になる部分も多いですので、原作を追いかけていきます。原作のカベルネは健在も、変態しちゃってとんでもない状態になっています。アニメの方でも人工太陽について仄めかしがありましたが、アカツキの人工太陽は人間の悲しみを喰っているという事?ラグは生きた人工太陽?ニッチの姉さんがはっきりとは言いませんでしたので不明ですが。きっと、スタッフさん達に最後まで言わないように指示されていたのでしょう。

 ノワールは死んだかの様に見せて、やはり生きていました。元マローダーですし、街にはいられないでしょう。精霊になれなかった者達と共に旅立ち、ブルーノーツブルースで暮らす事になりました。ラグとの抱擁で別れましたが、シルベットの方はいいのかな?以前の回でもう踏ん切りがついているとか。サニーに感情が戻ったのは素直に喜びたくなる展開。コナーも彼女を想っているようですし、彼女は幸せになれそうです。ハチノスにいるせいか、前よりも明るくなっていますね。ザジも猫が生まれて幸せそうです。世話するのが大変そうで、ペットを求む人達に分けてあげるといいかもです。小説家のおじさんは本を出せましたか。これで、おっかさんにも堂々と会えますね。

 藍色の空が美しくて観始めたテガミバチ。独特な世界感に惹きこまれていきました。主人公達も可愛くて良し!シルベットは可愛いだけでなく、負けない強さがあり、そこが魅力的でした。アニメは1期のオリジナル展開がよくなかったですが、ノワールが出てから一気に盛り上がってきました。原作も絵が綺麗で観賞しながら読んでいます。謎も明かされていくと思いますし、先の巻も楽しみです。



http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2011-03-27-2


テーマ : テガミバチ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。