スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊☆戯☆王5D’s 第153話「ぶつかり合う魂!」+第154話「光り差す未来へ」(最終回)

遊戯王5D's SOUND DUEL 03遊戯王5D's SOUND DUEL 03
(2011/02/16)
TVサントラ

商品詳細を見る

 チーム5D’Sはそれぞれの未来に突き進んでいきました。途中で数年後の世界に飛んだのには驚きです。ルカは美人なお姉さんに、ルアは立派なライディング・デュエリストに成長を遂げました。兄妹、大きくなっても仲が良くて何よりです。ルアはイケメンで、女の子達にももてそう。実力もクロウのお墨付き。勝利の栄光を掴み取り続けるジャック・アトラスと挑める日は来るでしょうか?アキはお医者さんとして活躍いています。鬼柳さんもどうなっているのか気になりますね。町長さんとしてすっかり、落ち着いていそうです。遊星とジャックの全力を込めたデュエルにより、遊星の仲間達は将来の道へ踏ん切りをつけました。遊星はネオ童美野シティーに残る事に。牛尾さんとは長い付き合いになりそうですね。

【遊星VSジャック】

 懐かしいモンスターがどんどん登場しました。デュエル・コースも序盤の舞台であったサテライトに入ったかと思えば、ラリー一行の特別出演。彼らがセリフ付きで登場するとは思いませんでした。ラリーの性別がどっちかで迷っていた時期が懐かしいです。逞しいパンツ1枚姿でラリーファンの一部が撃沈しましたね。初心に返られる良き演出です。終盤のコースも1話で牛尾さんと戦った場所?ジャックもキング時代らしく、ジャック節を飛ばしていて楽しかった!



【1ターン目:遊星】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

《ブルー・エクステンス・ファルコン:攻撃力800・Lv2・チューナー》を攻撃表示で召喚。

《ブルー・エクステンス・ファルコン》の召喚に成功した事により、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター《スター・ブライト・ドラゴン:攻撃力1900・Lv4》を攻撃表示で特殊召喚。

《スター・ブライト・ドラゴン》の特殊召喚に成功した事により、フィールド上のモンスター1体のレベル2アップ。


《ブルー・エクステンス・ファルコン:Lv2→4》


レベル4《スター・ブライト・ドラゴン》に、レベル4となった《ブルー・エクステンス・ファルコン》をチューニング。《スターダスト・ドラゴン:攻撃力2500・Lv8》を攻撃表示でシンクロ召喚。

魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットして、ターンエンド。



【2ターン目:ジャック】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

【スピード・カウンター 遊星:1 ジャック:1】

(フィールド)
遊星:《スターダスト・ドラゴン:攻撃力2500・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


相手フィールド上にシンクロ・モンスターが表側表示で存在するという条件を満たし、手札から《シンクローン・リゾネーター:攻撃力100・Lv1・チューナー》を攻撃表示で特殊召喚。

《スター・ギャザー:攻撃力0・Lv1→7》を攻撃表示で召喚。このモンスターのレベルは、相手フィールド上のシンクロ・モンスターのレベル-1となります。

レベル7《スター・ギャザー》に、レベル1《シンクローン・リゾネーター》をチューニング。《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》を攻撃表示でシンクロ召喚。


《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000》→攻撃→《スターダスト・ドラゴン:攻撃力2500》


遊星は通常罠《スター・エクスカージョン》を発動。


《レッド・デーモンズ・ドラゴン》&《スターダスト・ドラゴン》は、通常罠《スター・エクスカージョン》の効果により3ターン後まで除外されます。


「スター・エクスカージョン」通常罠
相手ターンのバトルフェイズ中に自分フィールド上に存在するシンクロモンスター1体が相手シンクロモンスターに攻撃を受けた時、発動する事ができる。戦闘するお互いのモンスターはゲームから除外され相手ターンで3ターン後のバトルフェイズ終了時にお互いのフィールド上に特殊召喚される。


魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットして、ターンエンド。



【3ターン目:遊星】LP4000、ドローフェイズ後の手札4枚

【スピード・カウンター 遊星:2 ジャック:2】

(フィールド)
遊星:無し。

ジャック:魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


手札の《ターボ・シンクロン》を墓地に送り、手札から《クイック・シンクロン:攻撃力700・Lv5・チューナー》を攻撃表示で特殊召喚。

相手フィールド上に《トライアングル・トークン:守備力1200・Lv2・戦士族》2体を守備表示で特殊召喚する事により、手札から《トライアングル・ウォリアー:攻撃力600・Lv2》を攻撃表示で特殊召喚。

レベル2《トライアングル・ウォリアー》に、レベル5《クイック・シンクロン》をチューニング。

→《ニトロ・ウォリアー:攻撃力2800・Lv7》を攻撃表示でシンクロ召喚。

通常魔法《Sp-ディフェンス・バスター》を発動。自分用スピード・カウンターが2つ以上存在する場合、相手フィールド上の守備表示モンスター1体を攻撃表示に変更します。


《トライアングル・トークン:守備力1200→攻撃力1200:表示形式変更》


魔法カードが発動された事により、《ニトロ・ウォリアー》の攻撃力はエンドフェイズ時まで1000ポイントアップします。


《ニトロ・ウォリアー:攻撃力2800→3800》


《ニトロ・ウォリアー》の攻撃によって相手モンスターを破壊した場合、相手フィールド上に表側守備表示で存在するモンスター1体を攻撃表示にしてそのモンスターを続けて攻撃する事ができます。《トライアングル・トークン:攻撃力1200》を戦闘破壊すれば、ジャックに3800-1200=2600の戦闘ダメージを与えられます。さらに、もう一方の《トライアングル・トークン:守備力1200→攻撃力1200》を攻撃表示にして攻撃すれば、さらにジャックに2600のダメージを与えられ、ジャックの残りライフは0に。遊星は1ターンキルを狙っています。


《ニトロ・ウォリアー:攻撃力3800》→攻撃→《トライアングル・トークン:攻撃力1200》


ジャックは通常罠《ブレイク・チューン》を発動。相手モンスターの攻撃宣言時、手札からチューナーを特殊召喚して、その攻撃を無効にします。手札から《インフルーエンス・ドラゴン:攻撃力300・Lv3・チューナー》を攻撃表示で特殊召喚。


《ニトロ・ウォリアー:攻撃力3800→2800》



【4ターン目:ジャック】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

【スピード・カウンター 遊星:3 ジャック:3】

(フィールド)
遊星:《ニトロ・ウォリアー:攻撃力2800・Lv7》が攻撃表示。

ジャック:《インフルーエンス・ドラゴン:攻撃力300・Lv3・チューナー》&《トライアングル・トークン:攻撃力1200・Lv2》が攻撃表示。《トライアングル・トークン:守備力1200・Lv2》が守備表示。


《インフルーエンス・ドラゴン》がシンクロ素材となる時、他の《トライアングル・トークン》2体は戦士族からドラゴン族モンスターとして扱います。

2体のレベル2《トライアングル・トークン》に、レベル3《インフルーエンス・ドラゴン》をチューニング。《エクスプロード・ウィング・ドラゴン:攻撃力2400・Lv7》を攻撃表示でシンクロ召喚。

《パワー・サプライヤー:守備力400・Lv2》を守備表示で召喚。

《パワー・サプライヤー》のモンスター効果により、このカードがフィールド上に存在する限り、《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》の攻撃力が400ポイントアップ!


《エクスプロード・ウィング・ドラゴン:攻撃力2400→2800》


《エクスプロード・ウィング・ドラゴン:攻撃力2800》→攻撃→《ニトロ・ウォリアー:攻撃力2800》


同じ攻撃力ですが相打ちとはなりません。《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》は自身の攻撃力以下の攻撃力のモンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行なわずに相手モンスターを破壊し、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを与える事ができます。


《ニトロ・ウォリアー》は、《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》のモンスター効果により破壊されました。


【遊星:LP4000→1200】


魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットして、ターンエンド。



【5ターン目:遊星】LP1200、ドローフェイズ後の手札1枚

【スピード・カウンター 遊星:4 ジャック:4】

(フィールド)
遊星:無し。

ジャック:《エクスプロード・ウィング・ドラゴン:攻撃力2400→2800》が攻撃表示。《パワー・サプライヤー:守備力400・Lv2》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


《スニーク・ジャイアント》は相手フィールド上のみにモンスターが存在する場合、墓地からレベル1モンスターを特殊召喚する事により、レベル5でもリリース無しで召喚できます。墓地から《ターボ・シンクロン:攻撃力100・Lv1・チューナー》を攻撃表示で特殊召喚し、《スニーク・ジャイアント:攻撃力0・Lv5》を攻撃表示で召喚。

レベル5《スニーク・ジャイアント》に、レベル1《ターボ・シンクロン》をチューニング。《ターボ・ウォリアー:攻撃力2500・Lv6》を攻撃表示でシンクロ召喚。あんたも懐かしい!

《ターボ・ウォリアー》がレベル6以上のシンクロ・モンスターに攻撃する時、相手モンスターの攻撃力を半分にします。


《ターボ・ウォリアー:攻撃力2500》→攻撃→《エクスプロード・ウィング・ドラゴン:攻撃力2800→1400》


《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》は戦闘破壊されました。


【ジャック:LP4000→2900】



【6ターン目:ジャック】LP2900、ドローフェイズ後の手札2枚

【スピード・カウンター 遊星:5 ジャック:5】

(フィールド)
遊星:《ターボ・ウォリアー:攻撃力2500・Lv6》が攻撃表示。

ジャック:《パワー・サプライヤー:守備力400・Lv2》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


相手フィールド上のみにシンクロ・モンスターが存在するという条件を満たし、《ミラー・リゾネーター:攻撃力0・Lv1・チューナー》を攻撃表示で召喚。このモンスターは相手フィールド上のシンクロ・モンスター1体と同じレベルになります。レベルを映すのは《ターボ・ウォリアー:Lv6》。


《ミラー・リゾネーター:Lv1→6》


レベル2《パワー・サプライヤー》に、レベル6《ミラー・リゾネーター》をチューニング。《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800・Lv8》を攻撃表示でシンクロ召喚。


《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800》→攻撃→《ターボ・ウォリアー:攻撃力2500》


《ターボ・ウォリアー》は戦闘破壊されました。


【遊星:LP1200→900】


《クリムゾン・ブレーダー》がシンクロ・モンスターを戦闘破壊した次の相手ターン、相手はモンスターの召喚を行なえません。



【7ターン目:遊星】LP900、ドローフェイズ後の手札1枚

【スピード・カウンター 遊星:6 ジャック:6】

(フィールド)
遊星:無し。

ジャック:《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


《Sp-エンジェル・バトン》を発動。自分用スピード・カウンターが2つ以上ある場合、デッキからカードを2枚ドローして、手札のカード1枚を墓地に送ります。

モンスター・カード《フェイク・ガードナー》と通常罠《スクランブル・エッグ》をドローし、《フェイク・ガードナー》の方を墓地に送りました。《クリムゾン・ブレーダー》のモンスター効果により、モンスターの召喚は行なえませんしね。

魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットして、ターンエンド。



【8ターン目:ジャック】LP2900、ドローフェイズ後の手札2枚

【スピード・カウンター 遊星:7 ジャック:7】

(フィールド)
遊星:魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。

ジャック:《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800・Lv8》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。



《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800》→直接攻撃→遊星


《フェイク・ガードナー:守備力2000・Lv4》のモンスター効果発動。相手モンスターが直接攻撃してきた時、このカードを墓地から特殊召喚します。

ジャックは通常罠《防壁突破》を発動。バトルフェイズに特殊召喚したモンスターを破壊します。《フェイク・ガードナー》のモンスター効果などお見通し。元キングは常に相手の一歩先を歩みます。


《フェイク・ガードナー》は通常罠《防壁突破》の効果により破壊され、自身のモンスター効果により除外されてしまいました。


遊星は通常罠《スクランブル・エッグ》を発動。自分フィールド上のモンスターが破壊された時、手札・デッキ・墓地から《ロード・ランナー:守備力300・Lv1》を守備表示で特殊召喚。


《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800》→攻撃→《ロード・ランナー:守備力300》


《ロード・ランナー》は攻撃力1900以上のモンスターとのバトルでは戦闘破壊されません。

バトルフェイズ終了。通常罠《スター・エクスカージョン》の効果で除外されていた《スターダスト・ドラゴン:攻撃力2500・Lv8》と《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》がそれぞれのフィールド上に攻撃表示で特殊召喚されました。

フィールド魔法《スピード・ワールド2》の効果発動。自分用スピード・カウンターを7つ取り除き、デッキからカードを1枚ドロー。


【ジャック:スピード・カウンター:7→0】


《チェーン・リゾネーター:攻撃力100・Lv1・チューナー》を攻撃表示で召喚。相手フィールド上にシンクロ・モンスターが存在している状態でこのカードの召喚に成功した時、デッキから《リゾネーター》と名のついたチューナー1体を特殊召喚します。本家本元《ダーク・リゾネーター:攻撃力1300・Lv3・チューナー》をデッキから攻撃表示で特殊召喚。

レベル8《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に、レベル3《ダーク・リゾネーター》&レベル1《チェーン・リゾネーター》をダブル・チューニング。

荒ぶる魂!バーニング・ソウル!

《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力3500→6000・Lv12》を攻撃表示でシンクロ召喚。墓地のチューナー1体につき、攻撃力500ポイントアップします。

魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットして、ターンエンド。



【9ターン目:遊星】LP900、ドローフェイズ後の手札1枚

【スピード・カウンター 遊星:8 ジャック:1】

(フィールド)
遊星:《スターダスト・ドラゴン:攻撃力2500・Lv8》が攻撃表示。《ロード・ランナー:守備力300・Lv1》が守備表示。

ジャック:《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800・Lv8》&《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力3500→6000・Lv12》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


フィールド魔法《スピード・ワールド2》の効果発動。自分用スピード・カウンターを7つ取り除き、デッキからカードを1枚ドロー。


【遊星:スピード・カウンター:8→1】


《マッハ・シンクロン:攻撃力0・Lv1・チューナー》を攻撃表示で召喚。

レベル1《ロード・ランナー》にレベル1《マッハ・シンクロン》をチューニング。《フォーミュラ・シンクロン:攻撃力200・Lv2・チューナー》を攻撃表示でシンクロ召喚。

《マッハ・シンクロン》がシンクロ素材とされた時、このカード以外のシンクロ素材を墓地より手札に戻します。《ロード・ランナー》を手札に戻します。

《フォーミュラ・シンクロン》のシンクロ召喚に成功した事により、デッキからカードを1枚ドロー。あら、OCG効果。

レベル8《スターダスト・ドラゴン》に、レベル2《フォーミュラ・シンクロン》をアクセル・シンクロ!《シューティング・スター・ドラゴン:攻撃力3300・Lv10》を攻撃表示でシンクロ召喚。

《シューティング・スター・ドラゴン》のモンスター効果により、デッキの上からカードを3枚めくります。その内、チューナーは《ニトロ・シンクロン》、《ドリル・シンクロン》、《デブリ・ドラゴン》の3枚。これで、《シューティング・スター・ドラゴン》はこのターンに3回攻撃ができます。


《シューティング・スター・ドラゴン:攻撃力3300》→攻撃→《クリムゾン・ブレーダー:攻撃力2800》


《クリムゾン・ブレーダー》は戦闘破壊されました。


【ジャック:LP2900→2400】


魔法&罠カードゾーンにカードを2枚セットして、ターンエンド。



【10ターン目:ジャック】LP2400、ドローフェイズ後の手札2枚

【スピード・カウンター 遊星:2 ジャック:2】

(フィールド)
遊星:《シューティング・スター・ドラゴン:攻撃力3300・Lv10》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカードを2枚セットしている。

ジャック:《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力3500→6000・Lv12》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカードを1枚セットしている。


ジャックは永続罠《スカーレット・コクーン》を発動。このカードを《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン》に装備カード扱いとして装備します。装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、相手モンスターのモンスター効果を無効にします。《シューティング・スター・ドラゴン》は自身のモンスター効果でバトルから逃げられなくなります。


《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力6000》→攻撃→《シューティング・スター・ドラゴン:攻撃力3300》


遊星は通常罠《ハイ・アンド・ロー》を発動。デッキからカードを1枚墓地に送り、そのカードがモンスターなら、攻撃対象モンスターの攻撃力をそのモンスターの攻撃力分だけアップします。この効果を3回まで繰り返せます。ただし、攻撃対象モンスターの攻撃力が攻撃モンスターを上回れば、攻撃対象モンスターは通常罠《ハイ・アンド・ロー》の効果により破壊されてしまいます。

遊星が墓地に送ったカードは順に、《ソニック・ウォリアー:攻撃力1000》、《スピード・ウォリアー:攻撃力900》、《ボルト・ヘッジホッグ:攻撃力800》。3枚目を墓地に送る時はかけでした。3回目の効果を発動しなくとも、遊星は残りライフ100の状態で生き残れていましたので。


《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力6000》→攻撃→《シューティング・スター・ドラゴン:攻撃力3300→6000》


《スカーレット・ノヴァ・ドラゴン》&《シューティング・スター・ドラゴン》は相打ちとなり、戦闘破壊されました。

遊星は通常罠《クラッシュ・スター》を発動。フィールド上のシンクロ・モンスターが破壊された時、手札と墓地から攻撃力1000以下のモンスターをそれぞれ1体ずつ特殊召喚。手札から《ロード・ランナー:守備力300・Lv1》を、墓地から《ソニック・ウォリアー:守備力0・Lv2》を守備表示で特殊召喚。

エンドフェイズ。装備カード扱いとなっていた永続罠《スカーレット・コクーン》が破壊された事により、ジャックの墓地から《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》を攻撃表示で特殊召喚。



【11ターン目:遊星】LP900、ドローフェイズ後の手札1枚

【スピード・カウンター 遊星:3 ジャック:3】

(フィールド)
遊星:《ロード・ランナー:守備力300・Lv1》&《ソニック・ウォリアー:守備力0・Lv2》が守備表示。

ジャック:《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》が攻撃表示。


遊星が最後に引いたカードは《ジャンク・シンクロン:攻撃力1300・Lv3・チューナー)。このカードを攻撃表示で召喚。

《ジャンク・シンクロン》の召喚に成功した事により、墓地から《スピード・ウォリアー:守備力400・Lv2》を守備表示で特殊召喚。

自分フィールド上にチューナーが表側表示で存在する事により、墓地から《ボルト・ヘッジホッグ:攻撃力800・Lv2》を攻撃表示で特殊召喚。

レベル2《ソニック・ウォリアー》に、レベル3《ジャンク・シンクロン》をチューニング。《ジャンク・ウォリアー:攻撃力2300・Lv5》を攻撃表示でシンクロ召喚。

《ソニック・ウォリアー》がシンクロ素材に使用された事により、フィールド上のレベル2以下のモンスターの攻撃力は全て400ポイントアップします。


《ボルト・ヘッジホッグ:攻撃力800→1200》

《スピード・ウォリアー:攻撃力900→1300》

《ロード・ランナー:攻撃力300→700》



《ジャンク・ウォリアー》はシンクロ召喚に成功した時、自分フィールド上に表側表示で存在するレベル2以下のモンスターの攻撃力の合計分アップします。


《ジャンク・ウォリアー:攻撃力2300→5500》


《ジャンク・ウォリアー:攻撃力5500》→攻撃→《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000》


《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は戦闘破壊されました。


【ジャック:LP2400→0】



【勝者:遊星!】


《ジャンク・ウォリアー》をフィニッシャーに持ってきたのが上手いなと感心してしまいました。

紅き龍は遊星達をシグナーとしての運命から解放しました。「遊☆戯☆王5D’s」の物語は綺麗に閉じました。このアニメはSF物語としても面白く、遊戯王に詳しくない方にもお勧めしたい気分です。

次は九十九遊馬達の活躍ですね。彼らの活躍にも期待します。


テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

近いうちにアニメ評価企画始まると想いますけど
やっぱり5D'sも評価されるんですか?

No title

一期のopの最後と比較するとすごいですよ。遊星の体勢とか。

見逃した

最終回が、1時間だとゆう事を忘れ、6時から見てしまった。再放送あると思いますか、無理かな。

No title

5D’sも遂に最終回を最終回を迎えましたか。
目を閉じると、これまでの名シーンが走馬灯のように浮かんできます。
プラシド・ホセ・ブルーノ・アポリアの超絶変形。チーム・サティスファクション。満足・絶望。
元キング・ニート。インチキ効果もいいかげんにしろ!。おい、デュエルしろよ・・。
等、挙げればキリがありません。
これまでの遊戯王シリーズの中で最高傑作の印象を受けます。

個人的に一番印象に残ったのは、106話~110話ですね。
特にA・ボムの連続召喚からのフルボッコには爆笑しました。

No title

初めてコメントさせていただきます。
スピード・ウォリアー、ジャンク・ウォリアーが召喚された時、思わず「お久しぶりー!」と叫んでしまいました。
5D’sには好きなモンスターが多数登場しました。
アニメでのインパクトが強い地縛神、ダークシンクロ、機皇、Sin、TG、時械神。
OCG界に激震を与えたBF、インフェルニティ、ダーク・ダイブ・ボンバー、ゴヨウ・ガーディアン。

その中でも「機皇」「BF」「ダーク・ダイブ・ボンバー」が特にお気に入りです。
アニメ・ゲームで多数のキャラを、OCGで我々に「絶望」と「ネタ」を与えた、
印象の強いモンスターです。
後、見た目がかっこいい。

No title

「遊戯王5D’sよ、永遠に!」
ずっとこのアニメを見続けていましたが、涙ぐんだアニメはこれが初です。

ゼアルは5D'sを超える神アニメになれるでしょうか。
と思っていたら、いきなりやってくれました。
予告でのホープの技名が字幕で「ホーケースラッシュ」と表記されてて水を吹きました。

No title

花月さん、レスありがとうございます。

アニメ評価企画については、誘われれば参加してみるという積極的な姿勢ですが、もしやるとすれば個人的には対象に加えたいですね。アニメとしても最高級によくできた作品だと思います。

No title

アテナさん、レスありがとうございます。

まだ確認していませんが、気になるところです。比較動画も動画も作られていそうですね。

No title

ノリさん、レスありがとうございます。

再放送情報については詳しくないですが、当分先になりそうですね。DVDレンタルを待つという方法もありますけど、後は録画している友人から借りるなど。後は表立って勧められない反則的な手が……。

No title

TG ハルバード・キャノンさん、レスありがとうございます。

>>これまでの遊戯王シリーズの中で最高傑作の印象を受けます。

同じく。もちろん、他の遊戯王シリーズも面白いです。5D’SはSF物語としても面白いですが、ギャグでやっているのだろうかという突っ込みどころ満載シーンが多いですね。鬼柳さんと、ホセのライディング・デュエルには爆笑してしまいました。A・ボムの連発もデュエルとしては滅茶苦茶で笑ってしまいます。

No title

機皇兵マシニクル・アインさん、レスありがとうございます。今後も宜しくです。

初期組のモンスターが出まくって懐かしい気持ちになりました。ラリー達の登場は拍車をかけてくれます。スタッフさん達は視聴者の気持ちを掴んでいますね。

ダーク・ダイブ・ボンバー、ゴヨウ・ガーディアンの登場は激震でしたね。私も何度も殺されました。《大寒波》を使われると、無抵抗になってしまいます。ブルーノのキャラのお陰か、TGが印象に残ってしまいます。

No title

カオスの渦さん、レスありがとうございます。

笑いも多いですけど、感動シーンも多いですね。個人的にはブルーノに関するドラマがツボでした。アポリアも凄絶に印象に残るキャラでした。

ホーケースラッシュ……脳内で危なく漢字変換してしまいました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。