スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。 第25話「ありとなし」(最終回)

TVアニメ『バクマン。』DJCDTVアニメ『バクマン。』DJCD
(2011/04/06)
DJCD

商品詳細を見る

 平丸一也というキャラが気になりますね。これまで漫画を読んだ事すらなかったのですが、26歳にて突然の漫画投稿。センスが良かったのか、スクリーントーンすら知らない状態で佳作に入賞。電車の網棚に置いてあった週刊少年ジャックを眺めて、「自分にでも描ける」と思ったのがきっかけのようです。ラノベでも漫画でも歌でも、同じ様な考えを一瞬だけ抱いてしまう人もけっこういたりしますが……。ある意味で才能があり、編集者から注目された人です。「才能があるのに漫画を描かないのは罪」だそうで、何としても平丸は推されそうです。彼が本格稼動するのは2期からですね。会社員を辞めて漫画家博打とは、よほどブラックな所に勤めていたのでしょうか?

 連載会議が始まりました。連載をするかどうかは、「あり」か「なし」で判断するようです。蒼樹の世界観をベテラン中井が上手く引き出しているという事で、彼女達の作品はありと。これまでのジャックには無かったファンタジーで注目されています。福田の作品は、勢いだけで読後感がワンパターンという批判意見もありました。とりあえず、ありと。1度目の審査では両作品は通りましたが、2度目の厳正審査でまた今度でした。問題は亜城木夢叶の作品。「高校生だから無理に連載する事無いんじゃないの?」という意見がやはり出てきました。高校生の知識量なら推理物は続かないという意見には、事情を知らなければ同調してしまいそう。編集長は純粋に面白い作品を求めているが故に通り、最終的に連載可能になりました。編集会議はセリフばかりで地味になりそうですが、魅せ方が上手く緊張感に溢れていました。

 亜豆とやっと会話できて、第1シリーズとしては最高に盛り上がれたところで終了。第2シリーズが待ち遠しく終わります。早速、1期の分については再放送しますので、内容を再び細かく確認したり、見逃した部分を観れたりします。NHKは再放送多いですね。原作は文字が多くてなかなか読む気はしなかったのですが、アニメでは分かりやすく表現されて良かったです。


テーマ : バクマン。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。