スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートプリキュア♪ 第8話「チャララ~ン!セイレーンのニセ親友大作戦ニャ♪」

ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪/ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!(DVD付)ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪/ワンダフル↑パワフル↑ミュージック!(DVD付)
(2011/03/09)
(アニメーション)、工藤真由 他

商品詳細を見る

 セイレーンのずれた性格とデレた点について萌える回でした。響と奏のチームワークがプリキュア・パワーの源になっているのなら、それを断てばプリッキュアは弱体化する。セイレーンは自分が響の親友の座を射止める作戦に出ました。その結果が百合でヤンデレな眼鏡っ子。直前に響について調査してありますので趣味から好みから全てを合わせて演技をしています。会って間もないのに「親友は私1人だけ」とか、危ない娘さんでした。あまり相手に合わせすぎなのも警戒されるものです。セイレーンは人間全般について、もう少し勉強をした方がよいのかもしれません。セイレーンは親友のふりをしつつも、親友の良さに取り込まれてデレデレしてきました。イース様と同じ運命を辿るフラグですか?

 家の中に電話ボックスとは洒落た趣向ですね。セイレーンは奏の声真似をして、響に「親友をやめる!」と電話を入れました。陰湿な手口ですが、響も響で騙され具合が単純すぎるかと思います。少しは疑わないと。セイレーンは罪悪感を感じて、ますます改心フラグが濃厚になってきました。響と奏の喧嘩タイムは柔道の試合で回復。柔道経験者と嘘をついたのが、セイレーンの悲惨な結果になりました。誰か、眼鏡を外して試合をするようにアドバイスしないのかな?つきあいが長いだけあって、奏は響の本当の気持ちが分かり仲直り。足ばかりを攻めるのは卑怯かどうか知りませんけど、そんな相手に負けたくないという響の本心を汲み取りました。セイレーンは甘かった。うっかりハミィと喋って正体もばらしてしまいました。セツナは長い間、誤魔化せたのに……。ハミィも隙がありそうでやばいですね。

 バトルでは、何気にセイレーンが音符を投げて攻撃していましたね。戦える猫だったのですか。セイレーンが前面に出ると話が面白くなります。次回はキュアリズムが成長する話?リズムはミラクルベルティエを持っていませんからね。トリオ・ザ・マイナーも濃い顔を予告でアップして活躍ですか?


テーマ : スイートプリキュア♪ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。