スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆境無頼カイジ破戒録 第1話「地の獄」

逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)
(2009/10/07)
萩原聖人、白竜 他

商品詳細を見る

 このアニメを観て、「カイジって本当にクズだなー。呆れちまうぜ」と内心で苦笑してしまった方は要注意。哂う前に自分を振り返えらなければなりません。カイジの陥った状況は極端ですが、もしかするとどこかで転んで堕ちていくかもしれません。その時にカイジが冒したようなミスをすれば、洒落にもなりません。思い起こせば、カイジの様に欲にまみれて公開してしまった事もあります。小学生の時に、ゲーセンで親からもらった1か月分の小遣いをほとんど使い果たしてしまったりと。これがトラウマでお金使いには今でも慎重になっています。食べる事しか楽しみがない環境の中、悪魔の言葉で囁かれでもすれば、ついつい乗せられて豪遊して自己不信に陥る状況。自分ならどうやって乗り越えましょう?

 班長さんの声が想像していたよりも綺麗で、最初は違和感を感じてしまいました。すぐに慣れるとぴったりと合った役柄です。内心では侮蔑しながらも、優しい言葉をかけてくる。言っている事はいかにも正論に適っていそうなもの。正しい理論を少しだけ歪ませて相手を乗せる。欲望を上手く解放しなければいけないでしょ?カイジの中に渦巻く願いを読み取り、それを肯定するような発言。理性で一時的な欲望を抑えていたカイジですが、誰かが自分の欲を正当化してくれる事を願っていたのかもしれません。班長の言葉に引きずられて、アリ地獄に引きずりこまれていきました。自分から優しく語りかけてくる大人には警戒もしなければいけませんね。そうやって、親から距離を感じている子供を騙す大人もいるから世の中は厄介。

 デール・カーネギーさんの書かれた本によると、幸せに生きる為には今日をしっかりと生き抜く事が必要だといいます。明日に幸せをかけては駄目ですか。明日に怯え、明日に努力を預けるのもアウトですか。利根川さんといい、「カイジ」の敵役の言う事は含蓄があります。世の中には利用する者とされる者がいるといいますけれど、この班長さん自身も利用されている者にすぎないのですね。底辺社会でも細かく身分ができあがります。これだから上層階級にいる者達は安泰だ。

 逆萌えアニメが始まりました。しっかりと、萌えシーンはところどころに挿入されています。2期はサービス精神が旺盛ですね☆。しばらく、カイジの地獄生活が続きます。地下世界ほどではありませんが、リアル世界でも過労死と鬱が出まくる会社や役所もけっこう多っかたり……。


テーマ : 逆境無頼カイジ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。