スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Steins;Gate」始まりました!

STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046%STEINS;GATE ドラマCD α「哀心迷図のバベル」ダイバージェンス0.571046%
(2010/03/31)
今井麻美、桃井はるこ 他

商品詳細を見る

 「魔法少女まどか★マギカ」の10話にて、「シュタインズ・ゲート」の話題がちょこまかと飛び回っていましたね。時間移動をしまくる物語なのかなと興味を持つきっかけになりました。「さくたろう速報」様にて取り上げられる事も多く、そんなに「シュタインズ・ゲート」は面白いのかと、またまた興味が深く進行。今の私はゲームをしない人間ですが、小説版も出ているようですので2巻まで買いました。さらにアニメも放映というわけで、「シュタインズ・ゲート」に嵌ってきています。空想SFというのでしょうか。タイムワープに関して、それらしき理論が緻密に描かれていて惹きこまれてしまいます。舞台が秋葉原で、登場キャラも中二的にオタクっぽくて個性的。好み分かれそうですが、私としてはフィーバーです!

 アニメ第1話も観ました。「もう訳が分からないよ」とキュウべえみたいな困惑を表していた方々もおられますが、1話目ですので仕方がないっす。物語が進むに連れて真実が明らかとなり、それが快感となっていきます。中二病の青年達が集う、ちょっと痛い日常。オカリンもダル君も頭良いのですけどね。それが奇妙な世界にずれていくという雰囲気が漂っていて、そこにドッキドキでした。ダル君なら、私が何に影響を受けて「ドキドキ」を「ドッキドキ」と書くか分かるでしょうか?当然に原作での細かい部分は省いたりしますし、説明KWSKと訊きたくなる部分も出てきます。それでも、物語としては十分に理解できるものでした。先が気になる期待の出来です。OPはカッコ良かった。

 ある程度、小説を読んだ身ですので、今はネタバレに繋がりそうな事は控えておきます。話が進むにつれ、面白くなっていっています。いったい、この世界舞台はどうなっているのか?そういう好奇心がページをどんどん捲らせてくれます。今後、キャラ感想などは別に書いていく予定。


テーマ : Steins;Gate - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

こんばんわ!

なんだかわからないよっな感想でしたね(^^;
でも キャラが面白いし 話にどんどん引きつけられていきます。
この先どうなるか楽しみですね♪

No title

seraさん、レスありがとうございます。

前情報無しで観ると、「えっ……?」って感じですね。頭の中にハテナマークが飛び回ります。でも、ミステリーな雰囲気もあって嵌りやすい作品です。私もネタバレしないように気をつけていきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。