スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートプリキュア♪ 第10話「ウッホッホー!響先生、幼稚園で大奮闘ニャ♪」

プリキュアぴあ (ぴあMOOK)プリキュアぴあ (ぴあMOOK)
(2011/03/02)
不明

商品詳細を見る

 トリオ・ザ・マイナーの裏切りと、セイレーンのデレ化が一気に進みました。セイレーンが王子先輩に抱っこされて、すっかりふにゃふにゃ。これまで抱っこされた経験が無いセイレーンは、すっかりとホの字状態。今後、人間モードになって王子先輩に積極的にアタックを仕掛けそうです。響&奏&園児達の歌の上達を誉めたりとダークオーラも次第に無くなっていきました。その様子を目にしたバストラは「なんだ、あのザマは……ついていけん!」と。セイレーンを見切り、自らネガトーンを出しました。セイレーンでなくとも出せるのですか。歌うしか能がない人達かと思えば、やっと敵幹部らしくなってきました。見捨てられたセイレーンは第3のプリキュアになるのでしょうか?

 園児達に歌を教える響達。学級崩壊な惨状で、なかなか合わせて合唱してくれません。奏が厳しく叱っても無理な様子。この場合は体罰でも駄目ですね。かえって歌嫌いにさせかねません。まさか、ゴリラの真似で園児達が乗ってくるとは……。ゴリラの真似集団は見ていて恥ずかしかったです。見ていられないというか……きつい。本来の視聴者である子供は喜ぶ演出でしょうか。歌は目的の為に頑張るのではなく、自然に好きになろうという結論に達しました。響も奏と一緒にピアノの練習を続けます。まあ、脚本さんの言いたい事は伝わってきました。

 ネガトーンと化したゴリラ人形を倒し、解決。園児の歌よりもバストラのシリアスさに目がいく内容でした。真面目になると迫力がある人ですね。迫ってくると、濃いだけに怖い顔です。他のトリオ・ザ・マイナーも幹部としての仕事をするでしょうか。ピンク頭のはもうカリカリされなくて良かったですね。禿げる事もないです。もう1つ気になるのは、青い髪のスポーツ少女。彼女もプリキュア候補?


テーマ : スイートプリキュア♪ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。