スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーオーズ 第29&30話「王とパンダと炎の記憶」

仮面ライダーOOO(オーズ)VOL.3【DVD】仮面ライダーOOO(オーズ)VOL.3【DVD】
(2011/04/21)
渡部秀、三浦涼介 他

商品詳細を見る

 真木 清人がダークサイドに堕ちていきました。伊達さんとの掛け合いも面白くなってきましたし、白石 知世子と仲良くなっていく中で明るくなっていくかなと予想していましたが……思わぬところに闇あり。真木の思い出は偽りの物。優しかったお姉さんはダークな性格で、「物語がエンドマークで完成するように、人もまた死で完成する」と真木に影響を刻んでいたのです。お姉さんも結婚前夜に少年時代の真木に殺されていました。家族殺しという大きな罪を抱えていたのですね。真木はカザリの元へ。彼の終末が悲劇に終わるか、愛に救われるかが楽しみです。個人的には白石さんの愛で幸せな結末を迎えて欲しいところです。

 もう1人のアンク。800年前のオーズの暴走において、アンクの胴と腕が分離してしまいました。胴の方に別の自我が生まれ、それがもう1人のアンクとなったようです。子供の様な喋り方で、人間態もやはり幼い少年の姿をしています。戦闘面では強力な存在ですが、精神面では不安定なところあり。カザリは彼を利用しようとしていますが、切れて暴走しそうな感もします。アンクの腕と胴が1つになれば、弱い方の人格が消えてしまうといいます。アンクに大きな試練が向かいそうです。

 800年前のオーズの暴走の話を聞き、映司も迂闊にコンボを出せなくなりました。映司の事ですから、そのうちに暴走というリスクを冒してまで、さらなる強力なコンボを繰り返しそうです。今回の敵怪人はパンダシャチヤミー。気持ち悪いですけど、ちょっとだけかわいさもある妙なデザインです。真木から出たと聞けば納得してしまいそうなヤミーです。強力ではありませんでしたが、戦い方もユニークで印象に残るものです。

 次回はウヴァさん、久しぶりの活躍です。虫だけに冬眠をしていたとの噂もあり。


テーマ : 仮面ライダーオーズ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。