スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STEINS;GATE 第5話「電荷衝突のランデヴー」

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー008☆阿万音鈴羽「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー008☆阿万音鈴羽
(2010/11/24)
阿万音鈴羽(田村ゆかり)、田村ゆかり 他

商品詳細を見る

 阿万音 鈴羽がクリスに激しい殺意を向けていました。小説で読んだ時にイメージしたのよりも、より怒りの込められた顔をしています。攻撃態勢が変な感じでしたが……。なぜ鈴羽がクリスを憎むのか、理由を知ると納得ができるかと思います。鈴羽は先の話で、萌えとか抜きで好きなキャラになりました。今の時点では何かありそうな変わり者の女の子って感じですね。ただのヘリコプターを爆撃機と勘違いしたり、花火を知らなかったりと。ネタバレになりますので自重しますが、先に話を知っている者にとっては泣きそうになるシーンです。アニメの鈴羽は活き活きと描かれていて、すごく好印象です。

 SERNの陰謀が暴かれていき、後半からはドキドキでワクワクな展開に。地道に作業をしていたダル君、滅茶苦茶に凄いですよ。クリスも十分に天才ですが、ダル君はスーパーハカーというレベルでは済まない程の存在です。IBN5100を上手く繋げて、解読成功。その結果、表れたのはSERNの実験結果。タイムトラベル実験をするも、ほとんど人体実験というよりも処刑行為です。おそらくは自分達に反抗的な者を実験台にしたのでしょう。被験者はゲル状になり、壁や地面に埋まるという状態に。生々しくゲル人間が描かれていて、予想以上にグロテスクでした。そもそも、生身の人間をタイムトラベルさせるのには無理があるかと思います。ゲル状になった理由はクリスが分かりやすく説明してくれました。スポンジを小さな穴(ブラック・ホール)に押し込めれば、中の水が出てしまいます。人間に置き換えて、その様子をリアルに想像するとマジ怖い。人体実験をやってしまうSERNはもっと怖いです。

 クリスがラボに馴染んできました。オカリンとも良い感じに。「そこに痺れる!憧れるぅー」を知っていたり、ダル君の下ネタについていけたりと気の合いそうな感じです。雷ネットもできるのですか。このカードゲームをリアルでも売り出しそうな予感。オカリンは弱いのですね。遊戯王で例えると、無警戒にモンスターを召喚しまくりミラフォで全滅してしまう人かな。オカリンが意味の分からない事で大声を上げるものですから、クリスは少し泣いてしまいました。レディといえども殺人も厭わない非道な相手なら容赦はしなくてもいいですが、女の子にやたら怒鳴っては駄目ですよ。意味不明な事を喚いて迫るとは普通に怖いですしね。クリスのセリフは重要です。男性に関してトラウマがありそうですね。シャワーもありましたが、ラッキースケベ・イベントの予感がします。

 全体的に面白い感じになってきました。オリジナルシーンもあるようですし、アニメ独特の面白さが出てきたかな。後半のわくわく感がたまりません。アルパカマンが再登場するとは……シリアスなシーンなのにシュールでした。



http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65557915.html


テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

いつもTB返しありがとうございます(* ´ω`*)
ブログにリンク貼りましたのでよろしければ相互リンクしていただけませんか?
シュタゲ第五話はワクワクしましたよねw
個人的にはまゆしぃプッシュですが、助手は今回かなり眩しかったですw
ゲームの方はPSP待ちなので6月まではなんとかアニメについていこうかなとw

No title

ようちゃん!!さん、レスありがとうございます。

5話はSERNの陰謀が明らかとなり、ドキドキの展開です。まゆしぃも、のんびりとした性格がいいですね。

相互リンク、もちろんOKです。さっそく貼らせて頂きます。これからも宜しくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。