スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法少女まどか★マギカ」(3巻)感想

魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/05/30)
原作:Magica Quartet、作画:ハノカゲ 他

商品詳細を見る

 メロンブックスで買うと、全3巻を収められるボックスがついてきました。1巻と3巻のコミックの表紙絵が描かれていて美しい仕上がりとなっています。本来なら1ヶ月前に読める筈だったのですが、色々と事情が重なり遅れたようです。長らく待ったかいがありました。アニメでストーリーを知っていても、十分に鳥肌の立つできでした。ハノカゲさん、描き込みが凄くて視覚的にも満足したぜ!あれだけの内容を1巻に詰めましたもので、凄く濃い1冊となっております。ほむらには萌えを超えて、キャラ的に物凄く好きで、私は信者状態になっております。眼鏡+おさげモードの彼女も手軽に目にする事ができて、それだけで嬉しいものです。以下、ネタバレ注意!

 漫画版はアニメ版から色々とアレンジされています。作者のハノカゲさんが巻の途中に書いた「あとがき」にアレンジについて色々と載っています。私が気になったアレンジを取り上げてみます。

 魔女になったさやかと心中した杏子。その後に、杏子が座り込んでいたさやかにお菓子を渡すシーンが追加されていました。杏子の想いがさやかに届いた感じがして感動的でした。この追加シーンは良かった。杏子はほむらの次に好きなキャラです。窃盗等を繰り返しているらしいですけど、それでも好感を抱ける娘さんです。

 2巻の終盤から、キュゥべえの目の色が変わって怖くなったままです。表情が豊かに見えるのは、インキュベーターが人間に接する為の擬装らしいです。3巻目ではずっと素の顔になっています。ああ、アニメの無表情は何となく可愛いのですけど、これは蹴りを入れたくなる顔です。キュゥべえは諸に悪役でした。まどかが切れるのも仕方がありません。

 ほむらVS魔女ワルプルギス戦。黒い影状の魔法少女がほむらに襲ってきますね。影状の魔法少女が、マミさん、さやか、杏子になっていました。こちらの方が精神的にくるものがありました。ほむらへの精神的な圧力もより強まっているかと思われます。

 神様になったまどかと、ほむらのコスモ的な会話シーン。まどかだけが裸で、ほむらは魔法少女衣装を着た状態になっています。アニメとイメージが変わります。神まどかには宇宙的を体に含んだ美しさを感じました。改変後の世界では、ほむらが髪型をまどかと同じものに変えています。格好までも……。最後の追加シーンも良かったです。眼鏡をかけたほむらと、まどかが友達になるハッピーエンド。良き締めでした。


テーマ : 魔法少女まどか★マギカ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。