スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常 第15話「日常の第十五話」

日常のブルーレイ 通常版 第1巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 通常版 第1巻 [Blu-ray]
(2011/06/24)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

 はじめに言っておきますと、原作でも中村先生は女性です。外見的に中性的ですから、男性と勘違いされた方も多いでしょうか。私も男性と思い込み、女子更衣室を双眼鏡で覗いている中村先生は変態ではないかと焦りました。女性と分かれば、多分、ノープロブレム!確認したら、ちゃんとスカートをはいていた記憶も……。アニメでは大人っぽい女性の声だけに、性別を間違える方もいないでしょう。さて……いきなり、やらかしてくれました。モヒカン君をスタンガンでビリビリと。誤認でも傷害罪クラスです。前回といい、中之条君は悲惨な役回りですね。なのに対する疑問は分かります。

 なのが時定高校に通いだしてから、話も面白くなっていますね。原作初期のエピソードが満載です。なのにロボット疑惑を抱いて、絡みまくる祐子。たしか……クロマティ高校では、メカ沢一族にロボット疑惑を抱いた北斗の子分が、「虐めになるから止めろ」と疑問を止めさせられましたね。麻衣は露骨になのに攻勢を仕掛けています。まさか、証拠映像まで撮っていたとは……。そこが彼女の素敵なところ。家に帰ってからのなのは、豪くはかせに攻撃的でした。幼女にも容赦なく豆鉄砲を撃つ撃つ撃つ。後で美味しく頂いたかな?はかせはなのに変なプログラムを組み込んでいました。古典的なずっこけのオンパレードです。

 姉弟で教師と生徒ですか。厳しい姉上なら学校でも規律正しく弟を〆るところですが、おっとりとした桜井では無理ですね。勘違いした高崎先生の妄想振りが面白かったです。とりあえず、彼の趣味は分かりました。安中さんと先生の漫才はテンポが良くて面白かったです。EDは毎回変わるようですね。これまた懐かしいような。


テーマ : 日常 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。