スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate 第16話「不可逆のネクローシス」

STEINS;GATE Vol.2【通常版】 [DVD]STEINS;GATE Vol.2【通常版】 [DVD]
(2011/07/27)
宮野真守、今井麻美 他

商品詳細を見る

 名探偵まゆしぃ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!この娘さんは一見するとのんびりしているようで、妙に鋭いところがあったりします。ダルが鈴羽の父親である事を推理してしまいました。小説版で最初に知った時は、私もクリスと同じ突込みを入れたい気分になったよ……。ダルは頼りになりますし、変態属性に我慢できれば、魅力もたっぷりとあります。痩せれば渋い外見になりますし。鈴羽が主人公の漫画版を読むと、納得できる流れで美人さんがダルとくっついてしまいます。お相手はフェイリス・ニャンニャンではないですよ。アニメ版ではじっくりと伏線を張っていますので、違和感もなかったです。「嘘には2種類ある……」の部分が、別のアニメキャラになっていたような……。

 時を隔てた親子の再会に、感動的な旅立つ鈴羽への見送り。その後に来たのは、トラウマに残りそうなシーン。鈴羽は失敗したのです。すっかりと頼もしいおばちゃんになった鈴羽が楽しみでしたが……最悪の展開が待っていました。よりにもよって自殺。ダルにとっては苦しすぎる状態でしょうか。自分に娘ができていて、それが未来から来た仲良しさんかと思えば……精神を病んで亡くなってしまうのですから。知り合い以上の仲の人が自殺はマジ辛い。手紙や演出は原作の方がより病的になっているようです。漫画版の方では、鈴羽が記憶喪失になる過程にオリジナル要素が入っていました。鈴羽のお世話になったというブラウンがしみじみとした雰囲気。自宅に保管してあったマウンテン・バイクに悲しさを感じてしまいます。

 最後の部分は一気に駆け足。オカリンはD・メールで過去改変。鈴羽が病死で少しだけ救われました。まゆしぃの死の時間も延びて、そこに救いを感じられる状態です。鈴羽は壮絶な人生を送り、最も印象に刻まれていくキャラです。まどマギのほむらへと同じ好感を抱いてしまいます。幸せになって欲しいと願うキャラ。最後に……やった事ないですが、「比翼恋理のだ~りん」でダル嫁が出てくるらしいですね。



http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65591644.html


テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。