スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートプリキュア♪ 第23話「ザザ~ン!涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

スイートプリキュア(音符記号)ボーカルアルバム(1)スイートプリキュア(音符記号)ボーカルアルバム(1)
(2011/07/20)
TVサントラ

商品詳細を見る

 セイレーンが懺悔していく回でありました。今まで悪い事をしていたという自覚がありましたから、エレンの心に溜まった罪悪感が多くて苦しそうです。手を差し伸べてくれる響&奏に、マモルという少年との出会いによって心を開いていきましたね。温かく見守ってくれるハミィ。「人々を苦しめてきた自分にはプリキュアになる視覚がない」と苦しむエレンに対して、ハミィが「今やりたい事は何か?」と尋ねるシーン。これでエレンは吹っ切れましたか。過去の罪は責めず、今のエレンを前向きに押すハミィの態度が善かったです。前半のエレンはデザトリアンにされてしまいそうなほどにネガティブモードで辛い状態でしたが、自分の進む道を決めると可愛らしくなってきました。次回で明るい顔を見せてくれるようで何よりです。

 トリオ・ザ・マイナーのみが敵幹部では心もとないと不安ですが、こちら側も面白い感じになってきました。東方不敗のおっさんが使いそうな必殺技を使ってきましたね。3人の合体技には少し吹きました。顔が何ともね。マイナー達には、この調子で頑張ってほしいところであります。キュアビートも弾けていたように感じます。跳ね上げた髪をギターのごとく鳴らすという演出。「心のビートは止められない」とか言っていましたが、あれが決めセリフでしょうか?キュアビートもバリアを使ったり、ソニック何たらという技を使ったりと、プリキュアとして大活躍。ハトプリではキュアサンシャインがブロッサム&マリンを押しのけて活躍しまくっていた時期がありましたが……ビートもしばらくそんな感じになるでしょうか。エレン、プリキュアとしてもグッドです!

 バスドラのおじさんは、今後も「セイレーン」と呼び続けるのですね。エレンに「何を今さら?お前がさんざんやってきた事じゃないか!」と脅すシーン。いちおうは正論なのですが……マジうぜーぞ、このオッサン。もう表情が。プリキュア・オールスターズはもうないのですね。セツナとエレンが会ったら、似た境遇同士で色々と話が合いそうな。次回は海回ですが、プリキュアに水着という概念はないです?残念がる友達も多いですけど、エレンの明るそうな顔が出るから期待できるかと思います。明るくなると魅力的なキャラなのですね。


テーマ : スイートプリキュア♪ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。