スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートプリキュア♪ 第24話「サンサン!お砂のハミィで友情の完成ニャ!」

スイートプリキュア(音符記号)ボーカルアルバム(1)スイートプリキュア(音符記号)ボーカルアルバム(1)
(2011/07/20)
TVサントラ、キュアメロディ&キュアリズム&キュアビート(小清水亜美&折笠富美子&豊口めぐみ) 他

商品詳細を見る

 OPが変わるのは予想していましたが、予想以上のアレンジ! 曲調も変化していて、よりテンポの良いビートが刻まれています。歌詞も2番ヴァージョン!エレンはもちろんの事、他にもサブキャラが色々と目立っている感じかな。OPは響&奏コンビが強調されて、エレンは+1という印象を受けました。EDは一気に豪華になっています。キュアビートだけでなく、色々と加わっていて賑やかだ。ただ、逆L字テロがはいったのはちと残念でした。せっかく映えていた画面が小さくなってしまう。アイキャッチも変化。キュアミューズの正体が明らかとなり、彼女も仲間に加われば、さらにOPは豪華になるでしょうか。

 前回でエレンが懺悔を遂げ、今度は響&奏と打ち解けていきます。セイレーンは猫時代、ハミィの面倒をよく見ていた姉さんキャラでしたね。元々の性格は引っ込み思案でないですけど、敵対していたせいもあるのでしょうか。響&奏に対しては遠慮がちです。ハミィの後押しもあり、手を引っ張ってくれる2人もあり、エレンはだんだんと気持ちをぶつけられるようになってきました。共同で作業をやるのも、仲良くなるにはお勧め。ここのところ、エレンは悲しんでいる顔が多かったのですけど、喜怒哀楽が豊富になってきました。こうして、遠慮は解凍されていき、だんだんとナチュラルに明るくなっていくと期待。エレンの猫姿は回想シーンで見られるようです。2人と仲良くなっていくエレンですが、最終回ではお別れで泣きあう事になるのですね。

 トリオ・ザ・マイナーが敵幹部として働き続けるのですが、外見からして暑苦しい。サンドアート大会を滅茶苦茶にしていきました。砂のハミィがネガトーンになるのは何となく予想できていましたが、戦いで壊れないか心配だったよ。2度目の修復はさすがにきついですから。バスドラ達も東方不敗秘伝の技を使わなくてよかった。この場で使っていたら、大会はそこで終了していました。キュアミューズも姿だけは見せたのですが、夏にあの格好はきついだろうに。汗疹ができまくります。そういえば、アコも出ていましたね。水鉄砲を全て避けるとは身体能力も高いです。


テーマ : スイートプリキュア♪ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。