スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣にっ! 第8話「ウチと日本と知らない言葉」

バカとテストと召喚獣にっ! 第1巻 [Blu-ray]バカとテストと召喚獣にっ! 第1巻 [Blu-ray]
(2011/09/21)
下野紘、原田ひとみ 他

商品詳細を見る

 いつものバカ騒ぎとは違って、シリアスな雰囲気の回でした。明久に拷問ばかりの2期で、美波への印象は悪くなっていました。感動エピソードで大きく持ち直したかな。帰国子女なんですね。日本語を喋ろうにも、上手く発音できません。リアルでも、帰国子女に偏見を抱く人がいて苦労するそうです。口の悪いレズさんの真似をしたから、美波はマジ大変。友達になる可能性のある芽を大量に潰してしまいました。この一言がなければ、彼女の人生は大きく変わっていたように思えます。馬鹿なりに明久が手を差し伸べてくれたから心を開けました。これこそが、美波が明久に好意を抱くきっかけになります。前回にてキスをしちゃいましたけど、次回から期待できる美波の恋愛攻勢の下敷きになるのでしょうか。姫路さんは、どう動きます?

 変わり者が多いクラスに入ったのは、美波にとって良きことか? Fクラス面々の過去の姿が見れて面白かったです。明久は上がセーラー服。意味がよく分かりません。最初は雄二と仲が悪かったのかと思えば、そっこうで仲良しに。バカ同士で馬が合うのか。雄二は怖い雰囲気だけど、いい奴だった。ムッツリー二はしょっぱらから怪しさ満点。秀吉は男の娘ネタ満載でした。男子トイレに入ると騒がれ、美波にドイツ語で叱られ悲惨。女子トイレに入っても、姉上殿に見つかれば危うき。Fクラスの4人衆は、いきなり集まりだしていますね。

 美波の中の人は、片言にドイツ語と頑張りましたね。胸の大きさなど気にしなくていいのにね。明久もいちいち言うなと。私は全く気にしませんけど。2期の終盤は、美波VS姫路さんの恋の戦いとなるかな。そして、鈍感な明久は気がつかないと。鎖が解けていく演出が良かったです。


テーマ : バカとテストと召喚獣 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。