スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate 第22話「存在了解のメルト」

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー004☆牧瀬紅莉栖「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー004☆牧瀬紅莉栖
(2010/09/22)
牧瀬紅莉栖(今井麻美)

商品詳細を見る

 前回のまゆしぃとのドラマに続き、今度はクリスティーナ。クリスにとってもまゆしぃは大切な友達ですが、彼女を救うために自分が死んでしまう。クリスにとっても、オカリンにとっても大きな葛藤です。クリスはクリスで多様な可能性を見ているようですね。生死をかけた大きな決断の中にいるだけあり、真剣に考えています。オカリンが別の世界線に行っても、クリスを忘れなければOKで纏まったかな。平行世界については不明な部分が多いですので、色々と考えられます。平行世界を越えた強い絆ですか。どこかメルヘンチックであり、せつなさも感じられます。クリスの犠牲の上に、世界とまゆしぃは救われました。このまましんみりと終われませんね。新たなイベントが。

 オカリン&クリスのキスシーン。このシーンにより、私は2人をベスト・カップルだと認めています。オカリン&まゆしぃもいい感じですけど、兄妹という雰囲気もありますからね。永遠の別れになるかもしれない間際のキスだけあり、印象はかなり濃く刻まれるでしょうか。海馬がどうのこうのと、クリスらしき理系的な説明でした。照れている感じが、彼女らしく雰囲気を盛り上げてくれます。オカリンの方は、幼き頃にまゆしぃとキス経験があるようですね。微笑ましい感じだったのでしょう。クリスが裁縫する家庭的な面もありましたが、後での悲しい演出に繋がってしまいました。裁縫跡が消えるのは、絆の一片が消えるようで辛そう。

 小説版を読みましたが、オカリンは更なるタイムリープを繰り返しあがきまくっていました。本当に心が壊れてしまいそうなほどに何度も。アニメではそういうシーンもなく、すっきりしていました。既に同じ時間を繰り返して、まゆしぃの死を目のあたりに死まくって、心が麻痺しているようです。クリスに叩かれて目を覚ましました。本当にクリスのお世話になっていますね。作戦成功後に察して優しく声をかけてくれるまゆしぃが聖母さまのようだ。最後にこのセリフは効きました。次回から最終章開始です。



http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65607820.html


テーマ : Steins;Gate/シュタインズゲート - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。