スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり 第11話「わたしたちのごらく部」

ゆるゆりのうたシリーズ♪03 ミラクるゆるくる1・2・3(歌:歳納京子/CV:大坪由佳)ゆるゆりのうたシリーズ♪03 ミラクるゆるくる1・2・3(歌:歳納京子/CV:大坪由佳)
(2011/09/07)
歳納京子(CV:大坪由佳)

商品詳細を見る

 ちょっと変わり者の主人公が、頭を打つなどのショックを受けて、真人間になってしまうイベント。古くからのギャグアニメで多く使用された物語のパターンですね。いつもはぶっ飛んでいる京子が、頭を打って上品な少女になってしまいました。いつもとの性格のギャップが友人達を振り回し、同時に寂しさを与えてしまいます。Aパートで大人しい幼女時代の京子を出した後で、このBパートが上手い演出。曲がらずに成長すれば、こんな感じになっていたでしょうか。名状しがたきバールのような物で記憶は戻った? 涙の友情演出は、くねくねで良かった。落ちとしては、別の誰かが頭を打って人格が変わるものになると予想していました。仮主人公であるアッカリーンがその役に。リンチされそうで不憫ですよね。特に面白かった回です。

http://twodimension.net/archives/2011/0914_213002.shtml


テーマ : ゆるゆり - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。