スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日常」+「Helvetica Standard」感想

日常のブルーレイ 通常版 第3巻 [Blu-ray]日常のブルーレイ 通常版 第3巻 [Blu-ray]
(2011/08/26)
本多真梨子、相沢舞 他

商品詳細を見る

 古典的な漫画の表現方法に、萌えの味を加えたもの。それが「日常」の魅力だと思っています。意図的にレトロな演出を出している部分も多いですね。風景描写が無駄に緻密で、地方の味が出ていて良かった。絵柄は簡素で、全体的に可愛らしかったです。京アニはこのアニメに色々と遊びを挿入していると感じられました。「カッコ良い言葉!」や「○○ってこんなの!」とかのアレ。「Helvetica Standard」に掲載された4コマ漫画からも、アニメにされています。全体がカラーで、日常の宣伝漫画やイラスト集も掲載されています。あらゐけいいち先生のファンにならお勧めの漫画本です。

テーマ : 日常 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。