スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「C3-シーキューブ-」(1~3話)感想

C3―シーキューブ (電撃文庫)C3―シーキューブ (電撃文庫)
(2007/09/10)
水瀬 葉月

商品詳細を見る

 てっきり、ラブコメ展開になるかと思っていた。化けてしまいましたね。血飛沫が舞うバトル・シーンに発展してしまうとは、予想外。ヒロインであるフィアも、ただの萌えっ娘ではありませんでした。実は拷問処刑用具で、暴走して残酷な戦い方をします。彼女の雰囲気だけではなく、作品全体の空気が変わったように感じます。ついつい魅入ってしまいましたよ。日常パートは萌えラブコメ、シリアスなシーンは中二的なバトルものというパターンになるかな。原作未読者ですが、けっこう端折っているような気もします。フィアのパンチラを強調したりと、そういうアニメなわけですな。主人公はヒロインに守られるタイプかと思いきや、このはと組んで戦うようです。このは→トグロ兄?

テーマ : C3-シーキューブ- - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

電撃ってどうして厨二路線ばっかなんだろ・・・。新人賞応募作品が全部それなんだろうか?
ギャルゲー路線はMF文庫Jがトップだからか・・・。厨二を越えた達観した主人公の作品知らない?
闇太郎さんはどの文庫が一番良いと思いますか?(全体的に見て)

No title

 majesticさん、レスありがとうございます。

 読者の期待にこたえて厨二路線。新人賞に応募される方は、審査員から受けるために、電撃の作風に合わせた作品を送る……と読んでみました。

 ラノベの主人公は、中二多いですね。普通の小説も中二キャラがっけこういたり。

 何だかんだ言って、ラノベでは電撃を一番多く読んでいます。成田先生の作品が気に入っているのと、アニメ化した作品をチェックしているのもあって。どれが一番良いというのは、似たようなものに感じて、決められない感じです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。