スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fate/Zero」(3~6巻)を読みました

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)
(2011/03/10)
虚淵 玄、武内 崇 他

商品詳細を見る

 あるショップで発見した文庫版3巻以降を買って、一気に読みました。2巻まではアニメでだいたい話の内容は分かっていますけど、改めて買って読みます。壮大なる悲劇譚ですね。マスターの大半が死亡し、不幸な終焉を迎えるキャラが多いです。どこか哀しいけど、士郎といった希望を繋げてほっとする部分もあります。じーんとなる重い読後感。続けて「Fate/stay night」を味わいたい気分にもなりました。重火器や拳法に関する描写が細かいですね。虚淵さん、ガンアクション・シーンで活き活きしていそうです。小説としては、会話文より説明文の方が多い感じかな。以下、気になったキャラについて感想を書いていきます。一気に書けませんので、分割していきます。

【間桐 雁夜】

 鬼相迫る凄まじい人でした。想い人である遠坂 葵。その娘である桜が間桐家の養子になって、悲惨な待遇を受けてしまいます。蟲風呂に浸かって、毒液やインセクト・オーラを皮膚で吸収しているのかと勘違いしていました。某掲示板で画像が張られていたのですが、蟲の形状がやばかったです。子供に何をさらしとるねん! 士郎が臓硯をふるぼっこにする展開はないかな? 慎二は、桜がどんな目に遭っているのか知らないのかな? 雁夜は桜を救うために、刻印虫を宿しました。相貌も変わりはて、激痛に耐えている様子。アニメOPではホームレスぽい状態で、もう見ていられない感じです。

 リスクの高い方法で魔力を得るも、遠坂 時臣に叶わなくて悲惨そのものでした。虫と炎では相性最悪。桜を間桐家に送ったことに大変な怒りを感じていますが、恋敵ですものね。言峰 綺礼の策に嵌り、葵の首を絞めるはめに。好きな人を手に掛けるとは悲劇中の悲劇です。バーサーカーの維持コストが高すぎて、体内の刻印虫が死亡。何とか生き残れたかと思えば、蔵に侵入して桜を救おうとして死亡。蟲に喰われたようです。雁夜の遺体を発見した桜の態度……大人の癖に聞き分けがない、御爺様に逆らうとああなるんだ。桜は勘違いしてしまい、雁夜の行為が桜をより間桐家に縛る結果となったようです。悲劇の上に悲劇が重なる人です。喪男という悲壮さがじんじんと伝わってきましたよ。印象には深く刻まれるおじさんです。

 バーサーカーこと、サー・ランスロットは強かったです。マスターが魔力豊富な人ならば、セイバーやばかった。戦闘機すらも操るとは何とやら。アニメではCGで描かれ、ダークにカッコ良すぎ!



【雨生 龍之介】

 シリアルキラー。人間オルガンをはじめとする人間家具という発想が、グロテスク極まりないです。グロ専門の絵師がそういうのを描いていたような。吐き気催す描きっぷりに、嫌悪感を抱く人も多いでしょう。グロさが逝きすぎて現実感の薄いかな。殺人行為がなければ、普通の若者という印象。キャスターとは最高に仲がいいようです。相性良すぎ。やっていることが人道的に外れまくっていますけど、前向きな会話がナイス! キャスターが龍之介の言葉を好意的に捕らえるせいもあり。ライダーが工房を壊した時の台詞には突っ込みいれたし。これが、人間のやることかよっ! 龍之介が魔術師でないのが敗北を招きます。用心をしないから、衛宮 切嗣に撃たれた。

 セイバーをジャンヌ・ダルクと勘違いしていたキャスターことジル・ド・レェ。魔術師にしてはむきむきかと思えば、ジャンヌ・ダルクと共に戦っていた軍人さん。映画「ジャンヌ・ダルク」じゃ、大柄なおっさんでしたね。ジル・ド・レェが残虐行為に染まった説を採用し、作中でも残酷極まりない戦いぶりを披露していました。子供を生贄にするとは。セイバーも切れますよね。召喚術を使い、クトゥルフぽい海魔獣を呼び寄せます。さすがは、「沙耶の唄」のライター。極悪人でしたが、独自の価値観で意気投合した面白きコンビでした。




テーマ : Fate/Zero - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

「士郎が臓硯をふるぼっこにする展開はないかな?」それはないが、桜に殺されるルートはある。雁夜は悲惨過ぎる。何もかも報われない。聖杯戦争に参加しないで5年くらいかかっても魔術を習得して桜を助けたほうが良かったような、というか、葵のこと含めて過去での選択を間違え過ぎた男。嫌いでも昔から魔術を習い続けていれば全て手に入れられたのに・・・。イリア以外が召喚すれば死亡確定のバーサーカー、だかそれ以外ではあそこまで活躍出来なかった訳で、どのみち悲惨しかない。
龍之介はある意味一番幸せに死んでいった男。殺したいだけ殺して満足。キャスターは満足してないのに。キャスターとのコンビは色々と歪んだ意味で面白かったね。

No title

 majesticさん、レスありがとうございます。

 桜復讐ならOKな展開ですね。雁夜の行動は全て、悲惨な方向にいっちゃいましたね。想い人も桜も救われず。本当に焦らなければ良かったかも。悲壮さで魅入ってしまうキャラです。

 龍之介コンビは、仄々していて面白かったです。幸せの形は人それぞれかな。子供が悲惨ですけど。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。