スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「境界線上のホライゾン」(感想再び)

TVアニメ 境界線上のホライゾン オリジナルサウンドトラックTVアニメ 境界線上のホライゾン オリジナルサウンドトラック
(2011/12/21)
TVサントラ

商品詳細を見る

 アニメ「境界線上のホライゾン」も大きく話が進んできましたが、やはり意味がよく分からない状態です。問答シーンも半分理解できないままに聞いていました。ですけど、雰囲気というか勢いで楽しめるのですね。「細かい部分は分からんが、輪郭はしっかり掴んだぞ!」という感じで。戦闘シーンならば、さらに、さらにです! 戦闘方法の原理も理解できないところがありますが、雰囲気で楽しめます。さっきから、同じような事ばかり書いていますが……。この内容なら、あの分厚い原作も読んでみようかなという気になってきました。原作を読んでから見直せば、見方が変わるかもしれません。

テーマ : 境界線上のホライゾン - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

やっぱり電撃らしく、厨二、というか一人よがりに近い展開になってきた。「ホライゾンを救う」もういいよ。なんか理由が痛い。国と天秤にかけてる世界観自体おかしい。ネーミングもバトルも無茶苦茶、大罪武装の設定自体がなんじゃそりゃ。アニメ化しなくても良かったんじゃねと思う。
ギャルゲー路線だけどMF文庫のほうがアニメ化は上手くいっている。

No title

こんにちは
楽しんでもらえてるようで、原作ファンとしても嬉しい限りです
原作を読んでいただければ戦争をする理由や話し合い、ホライゾンを助ける利点などがアニメより分かりやすいと思いますが、中々特徴的な文章なので最初は流すように読むのをお勧めします
理解が進めば更に面白くなる事間違いなしです!
それでは!

No title

 majesticさん、レスありがとうございます。

 電撃は中二が多いですからね。考えずに、勢いだけで楽しんでいる状態です。MF文庫では、「はがない」の方を楽しんでいるかな。

No title

 通りすがりさん、レスありがとうございます。

 特徴的な文章ですか。ぱっと立ち読みした感じでは分かりませんでした。アニメのみでは、設定がちょっと分かりにくいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。