スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジュエルペット・サンシャイン」36話の感想

ジュエルペット サンシャイン 主題歌「GO!GO!サンシャイン」ジュエルペット サンシャイン 主題歌「GO!GO!サンシャイン」
(2011/06/22)
五條真由美、増山加弥乃 他

商品詳細を見る

 よく幼女向け王道アニメ欄に「ジュエルペット」や「プリキュア」が挙げられますけど、「サンシャイン」は子供用なのかすらも怪しいものです。「てぃんくる☆」は間違いなく正統派ですけどね。サンリオはパチモンに悩まされているそうですけど、まさかネタにしてしまうとは。周囲の人間が、異次元世界の者と入れかわっていく恐怖。ひたなの友人は、じょじょに見知らぬ何者かに代わっていきます。侵略される気分が、まさにホラー。人間も、作画崩壊キャラにされてしまいます。中国の屋台で見かけそうな姿になってしまったジュエルペットたち。その姿はカオスとしか表現の使用がありません。ラボラやエンジャラ登場シーンでは、ついに爆笑してしまいました。八木沼パートを実写でやったりと、スタッフさんには脱帽ですよ。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。