スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君と僕。」(感想)

君と僕。 (1) (ガンガンコミックス (0602))君と僕。 (1) (ガンガンコミックス (0602))
(2005/03/22)
堀田 きいち

商品詳細を見る

 ソフトなBLと聞いて、視聴を始めました。普通に女性キャラが登場し、絡みの恋もあるようですね。第1話の感想としては、テンション低くて退屈だなというものでした。キャラが増えるとそうでもなくなり、賑やかだ。静かにキャラの絡みを楽しめる作品です。

 幼い頃に思い出を紡いだドイツ語を話す少年が、再会したら日本語ペラペラになっていて友達になれた。こういう展開は好きですけど、千鶴はやかましくなっとります。春は仕草や雰囲気が女性ぽいですけど、話が進むんでくると可愛らしくみえてきます。彼に惚れている男子も多いとか……分かります。茉咲に惚れられていますけど、千鶴とのトライアングルな関係はどうなることやら。


テーマ : 君と僕。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。