スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「UNGO」(感想)

How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)How to go(アニメ盤)(期間生産限定盤)(DVD付)
(2011/12/07)
School Food Punishment

商品詳細を見る

 坂口安吾の作品を原案にして築かれた物語。独特な雰囲気を感じてしまいます。「堕落論」は古本屋でついでに買ったものの、未だに読んでいない状態です。そのままやっちゃうと敗戦直後ジャパンが舞台になってしまうところですが、近未来にアレンジされていますね。太平洋戦争→テロ戦争。エンター的な目的以外でも変えた理由がありそう。下敷きにした作品のせいか、思想的なものをぶつけてくる作品であります。「堕落論」はいくらか知っていますもので、思い当たるシーンがちらほらと出てきます。ミステリー要素は大きいですけど、推理よりはオカルトの方が濃い印象。能力で強制的に白状させたり、最後は妖怪バトルまでやっちゃっていますもので。何だかんだで惹きこまれました。

テーマ : UN-GO - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。