スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳・肆 第7話「人と妖の間で」

夏目友人帳 音楽集 おとのけの捧げもの夏目友人帳 音楽集 おとのけの捧げもの
(2008/09/24)
TVサントラ、夏目貴志(神谷浩史) 他

商品詳細を見る

 妖の世界に足を踏みいれている者と、そうでないけど知ってしまった者。夏目と田沼でどういう関係を築いていくのかが、今後の課題となっていきそうですね。名取は諦めてしまった辛さがあるから、夏目に目を逸らさないように言っていそうです。お互いのために何かしたいと想いあえる親友同士だけど、自分のせいで迷惑をかけたくないと恐れる。傍から見ている分には、美しき少年同士の友情と感じてしまいます。私としては、夏目&田沼は末永く仲良くしてほしいものです。招かれた妖怪そのものが餌だとは意外なる展開。血が飛び散ってエグかった。助かった低級妖怪は感謝の意も見せずに、グズだなぁ。にゃんこ先生のセリフに突っこみはないのですか? 変化するのは本来獣がするのものって、自分が猫(獣)やん。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/21307-f12e.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65648434.html


テーマ : 夏目友人帳 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。