スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミSS+ plus 第7話「棚町薫 前編 スケッチ」

TVアニメ「アマガミSS」オリジナルサウンドトラックTVアニメ「アマガミSS」オリジナルサウンドトラック
(2010/12/01)
大森俊之

商品詳細を見る

 ここで、おさらいをしておきます。棚町薫は橘の元女友達であり、現在は彼女。たしか、中の人はビリビリ中学生と同じだったはず。気軽に友達としてつきあっていた状態から、恋人同士の関係に発展していくのが薫編のテーマでした。その後日譚。見事にバカップルになっとりますね。橘の絵が小学生並なのは、まだOK。私もあまりごちゃごちゃ言えた立場でもないですから。あの無自覚な過激行為は目立つわなぁ。最近、某ホラーアニメでもバカップル状態でしたけど。変態といえば、今回は変態率が高いものでした。ヒーローショーが滅茶苦茶というか、着ぐるみの触手システムが高性能じゃなイカ。前回が落ちついた感じでしたので、吃驚展開が多いです。お菓子を使ってのアレは、学生の飲み会で似たようなことやっている方々がおられますよね。

 深夜のバス旅行というのが、経済的に苦しい学生さんぽくて良き雰囲気を感じてしまいました。お菓子をたくさん買って、それが周囲の人たちにばれるのが恥ずかしい。というわけで、自分たちが寝ているようにカモフラージュしてしまいました。薫の機転が仇となってしまったようです。20分間の自由タイムを、20分までと勘違いですか。こういうのは、しっかりと確かめておかなければ。深夜の寂しげな場所で、辛そうな2人。悪質な暴走族とかが心配ですけど、このアニメなら多分は大丈夫。ここでは間違っても薫を責めてはいけません。後々に大きくなっていくヒビが入ってしまう。人間は弱い。精神的に辛いと、つい怒鳴ってしまう可能性もあるのです。このトホホ状態を良き思い出に変えられるか、楽しみっす。

 ヒーローショー。大きなお友達も登場していました。薫にハァハァしとった。傍から見ると、「いい年して……」と思われるのでしょう。劇場版プリキュアを観賞する気満々の私が言えた義理じゃないですけど。イナゴ仮面、橘さんの暴走に乗る気はなかったようです。



http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/ssplustbs21607-.html
http://twodimension.net/archives/2012/0217_072816.shtml
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65649048.html


テーマ : アマガミSS+ plus - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。