スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another・アナザー 第9話「Body paint -連鎖-」

凶夢伝染凶夢伝染
(2012/01/25)
ALI PROJECT

商品詳細を見る

 中尾 順太はボートに轢かれて死亡したようにみえましたが、原因は別の場所にありました。自宅で階段から転げ落ち、ほおっておいたのが原因だといいます。車酔いしていたのは、脳がやばくなっていたのですね。リアルにありそうな事故で、気をつけなければと身を引きしめたくなる気分であります。眼鏡の子は仲がよさそうだったのに、可哀想に。赤沢さんのギッとした目つきも、気になるところ。ボート運転手の罪は軽くなりましたけど、それでも今後の人生は辛いものとなるでしょうか。なぜに、あんな場所を走っていたのか。腕がちぎれていたりとグロくて、トラウマものになりましたぜ。

 勅使河原&望月も加わり、旧校舎探検。鳴も加わるのですか。死亡フラグがあちらこちらに転がっていますので、ドッキドキですわ。鳴が窓を開けようとすると、ガラス破片が落ちてきた。危ねぇな。恒一が助けて、ぎりぎり回避。鳴が床をざっくりとやっちゃい、棚が倒れてきました。何気にドジっ子要素があります。彼女が冗談を言うあたり、長門有希っぽい萌えを狙っているように感じられました。テープでは重要なる過去話が聴けますが、引き伸ばしました。この待たせる感触が、いいんだ。原作と同じように、テープが切れてしまう展開に。望月が修復してくれるようで、ただの美少年ではなかったようですね。教師が入ってきたとき、勅使河原の隠れ位置がコントまんま笑いを漏らしてしまいました。鳴と恒一の忍び方がラブラブだ。

 演劇部の少女は、一家揃って引越しをしようとしたのすね。出る前に事故死。もう片方の子は、家族の方が死にました。引き篭もっても、呪いの対象になるときがあるのですね。怖い、怖い。前回でのろけていた感じもありましたが、緊迫感が盛りかえしてきた感があります。





http://twodimension.net/archives/2012/0308_065051.shtml




テーマ : Another - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。