スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳・肆 第10話「祀られた神様」

夏目友人帳 参・肆 音楽集 ひねもすきらりきらり夏目友人帳 参・肆 音楽集 ひねもすきらりきらり
(2012/01/25)
TVサントラ、HOW MERRY MARRY 他

商品詳細を見る

 豊月神の手下は、隠し事を秘めていました。名取は切れるだけあって、看破していたようです。空気を上手く読んでいて、夏目の前では黙っていたという。さすがは、イケメンさんです。今回の活躍ぶりに、リアル女性ファンからの株も上昇したかな? 祓い屋仲間からの名声は上がったようです。豊月神の手下が黙りだしたのが、ちょっとだけ怖い。それでも、恐ろしい陰謀などがあったわけではなくて安心。ちょっと腕が立って得意気になっている払い屋に封印されてしまい、豊月神はどこかに行ってしまいました。信仰心も薄れてしまい、守る仕事が嫌になった? 実は、山を守護していく力を失っていたようです。少子化が進んでいけば、神様もやばくなりますよね。ちょっと社会問題を考えてしまいました。

 激流に流されながらも、豊月神が封印されたぽい石を発見した夏目。取ろうとするも、黒獣が邪魔してしまいます。名取の力により、黒獣を封印。不月神の手下どもは、緊迫感を与えてくれますよね。名取が足止めをしている間に、夏目が黒獣入り瓶を手にしながらゴールを目指します。格好のせいかな。名取がヒーロー、夏目がヒロインに感じてしまいました。女顔だからか、やけに美人さんに見えるわ。現代っ子が山中を裸足でかけるのは痛そう。けっこう、足に怪我を負っているのかもしれません。ボロボロになりながらも到着。祭りを見学している妖怪の1人が、ピカチュウぽくないですか? 山が枯れるのが嫌なようで、豊月神の到着に嬉しそう。

 勝負には勝っても、不月神が疑いを挟んできました。一般妖怪でも気づくのですから、仕方がないです。名取さんの渡してきた石の封印解除。あの衣装から推測して、豊月神はてっきり女性かと思っていました。声からして、お兄さんでしたね。力を失っていると宣告し、不月神も去っていき、上手く丸まりました。思い出シーンといい、神様が昇っていく光景といい、綺麗な絵がたくさん観られました。よき名取回どした。





http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65653198.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/30510-f18f.html




テーマ : 夏目友人帳 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。