スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another・アナザー 第10話「Glass eye -漆黒-」

凶夢伝染凶夢伝染
(2012/01/25)
ALI PROJECT

商品詳細を見る

 ちぎれたテープも再生されて、3組にかけられた呪いから脱出する方法が示されました。「呪いのビデオ」をダビングして他人に見せるというノリかな。どうやら、紛れこんでいる死者を殺せばOKらしいです。過失殺人をやっちまったら、それが死者であったと。死者でなければ、莫大な損害賠償金を払わされて地獄に落ちるところでした。松永は記憶が残っているうちに、未来の3組生へとメッセージを託しました。その情報が精神的な不安をもたらします。勅使河原が言いあいをしたあげく、誰かを犠牲にしてしまいました。死んだとは限りませんが。まさか、死者と勘違いしたとか。喘息の子も心配ですし、ホラー物語も佳境に入りましたね。犠牲者がどんどん出てきそうです。

 アニメでは出番の増やされた赤沢さんも、原作コースに突入です。鳴を責めたててしまいました。アニメでは責任感だけが、きつく当たる理由でないと印象を受けたりもします。嫌な雰囲気がムンムンしていますけど、仕方がないとも言えます。合宿全体の雰囲気が、じめじめしていますね。こういう旅行をやると盛りあがる年頃ですが、テンション高くなれるわけがない。視聴者側としてみると、綾辻作品に館が登場する時点で、死亡フラグどころか全滅フラグにすら感じてしまいます。

 いとこと思っていた少女は、双子さんでした。鳴の半身も、呪いの犠牲者でしたか。また謎の一端が判明されました。真実が明らかになるにつれて、より感じられる気持ちよさ。原作の方で味わいました。姉妹同士の絡みシーン。何というか、萌えを押していますね。感情を覗かせた鳴に、人間ぽさを感じられて良かったです。ミサキ・ミサキという名前も面白そう。




テーマ : Another - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。