スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳・肆 第12話「記憶の扉」

続 夏目友人帳 音楽集 いとうるわしきもの続 夏目友人帳 音楽集 いとうるわしきもの
(2009/03/18)
TVサントラ、夏目貴志(神谷浩史) 他

商品詳細を見る

 幼い頃に住んでいた家を訪ねる小旅行に出かけます。電車の中にも妖怪がうろついているのですね。にゃんこ先生までついてきた。猫の持ちこみを見つかったら叱られちゃいますよ。結果的には、良き用心棒として活躍してくれますけど。電車のドアに首を挟まれたりして、にゃんこ先生も災難です。三世子からは不思議生物と呼ばれて、猫扱いすらもしてもらえない。じっと塀の上で休んでいる姿は、妙にシュールでした。三世子の友人がとった反応から、夏目はイケメンさんだなと新ためて確認できました。でも、事情を知っている者では感じ方が違いますね。過去にいろいろとあったようで。

 小学生時代にお世話になった夫婦は善人なようで、安心できました。きつい人たちでしたら、暗澹たる気分になりそうです。優しいからこそ、夏目との齟齬が辛くなる部分もありますけど。夏目は可哀想な子として扱われ、三世子は不満なようでした。子供の頃は、自分よりも夏目がかまわれるようで嫌だったのですね。陰険だと嫌っていたけど、精神的に成長した夏目を感じとれました。きつい態度をとっていましたが、妖怪を知らない人からすれば、精神的に問題のある子としか考えられませんから仕方ないです。大きくなったから大丈夫と安心すれば、幻影に怯える姿を目撃。考えこむ三世子はどう落ち着くかが楽しみです。

 虫食い妖怪は不気味でした。両目だけでうろつかれると怖いものがありますね。家に入ってきた虫を食べるという、虫苦手な私からすればありがたい妖怪さんです。ゴキブリ、蚊、蝿あたりは遠慮せずに食べていただきたい。成長すると厄介なヤツになります。にゃんこ先生が追っぱらって終わりかと思えば、夏目に侵入してきた。しつこい妖怪ですね。




http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65657266.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/31912-3080.html




テーマ : 夏目友人帳 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。