スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ZEXAL ナンバーズ52「デュエル・コースターVS爆走列車!!」

BRAVING!(アニメ盤)BRAVING!(アニメ盤)
(2011/12/14)
KANAN

商品詳細を見る

 ルールがOCGと違いすぎて、よく分かりませんでした。本当に初期遊戯王を髣髴とさせる展開であります。アンナだけでなくゴーシュまでもが助太刀に入る熱い! 個人的には、普通のルールでの戦いが観たい気分であります。このマグネット・シリーズはOCG化するのでしょうか? ウルフだけが生残り、本戦で遊馬に本格的に挑むのかなと期待したのですけど、その線もないようです。アンナは不正に割りこみしたようで、決勝戦に続いて活躍することはないっすね。小鳥ちゃんと争って、アニメ全体の萌えポイントを上昇していました。新たに登場した特急モンスターはOCG化されると見ました。

【遊馬VSチーム・フォールガイズ】

 どうやら、ターンの始めにモンスターを召喚しあって、それからバトルしていくようです。魔法カードは使用していましたが、罠カードの使用は確認できませんでした。同じレーン上なら、仲間のモンスターを素材にしてのエクシーズ召喚もアリなようです。



【1ターン目】

(フィールド)
ウルフ(リーダー):《磁石の荒鷲Δ:攻撃力1200・Lv4》が攻撃表示。

ジャッカル(モヒカン):《磁石の円盤:攻撃力1400・Lv3》が攻撃表示。

コヨーテ(小柄):《磁石の円盤:攻撃力1400・Lv3》が攻撃表示。


 遊馬が《ガガガカイザー:攻撃力1800・Lv3》を攻撃表示で召喚。


 《ガガガカイザー:攻撃力1800》→攻撃→《磁石の円盤:攻撃力1400》


 《磁石の円盤》は戦闘破壊されました。


 【ジャッカル:LP4000→3600】


 マグネット・モンスターは、フィールド上の《磁石》と名のついたモンスターが戦闘破壊されると攻撃力が400ポイントアップするようです。エンドフェイズ時まで。


 《磁石の荒鷲Δ:攻撃力1200→1600》

 《磁石の円盤:攻撃力1400→1800》



 《磁石の円盤:攻撃力1800》→攻撃→《ガガガカイザー:攻撃力1800》


 《磁石の円盤》&《ガガがカイザー》は相打ちとなり、戦闘破壊されました。


 《磁石の荒鷲Δ:攻撃力1600→2000:自身のモンスター効果》


 《磁石の荒鷲Δ:攻撃力2000》→直接攻撃→遊馬


 【遊馬:LP3000→1000】


 これで、このターンは終了したようです。《磁石の荒鷲Δ》の攻撃力も1200ポイントに元通り。



【2ターン目】

 ジャッカルが《磁石の大猿E:攻撃力1700・Lv4》を攻撃表示で召喚。《マグネット・コング・イプシロン》と読むようです。

 コヨーテが《磁石の鱗獣Z:攻撃力1600・Lv4》を攻撃表示で召喚。《マグネット・クロコダイル・ゼーター》と読むようです。

 遊馬が《ゴゴゴゴーレム:守備力1500・Lv4》を表側守備表示で召喚。


 《磁石の鱗獣Z:攻撃力1600》→攻撃→《ゴゴゴゴーレム:守備力1500》

 《磁石の大猿E:攻撃力1700》→攻撃→《ゴゴゴゴーレム:守備力1500》


 2度目の攻撃を受けて、《ゴゴゴゴーレム》は戦闘破壊されました。


 《磁石の荒鷲Δ:攻撃力1200》→直接攻撃→遊馬


 ここで、アンナが助太刀! 《爆走特急ロケット・アロー:攻撃力5000・Lv10》が既に攻撃表示で召喚されているようです。


 《爆走特急ロケット・アロー:攻撃力5000》→攻撃→《磁石の鱗獣Z:攻撃力1600》


 《磁石の鱗獣Z》は戦闘破壊されました。


 【コヨーテ:LP4000→600】


 《磁石の荒鷲Δ:攻撃力1200→1600》

 《磁石の大猿E:攻撃力1700→2100》



 《爆走特急ロケット・アロー》は、自身のモンスター効果により戦闘破壊されました。バトル終了時に手札5枚を捨てないと、自壊するようです。


 ライフを500ポイント払い、コヨーテが通常魔法《磁力蘇生》を発動。墓地から《磁石》と名のついた《磁石の鱗獣Z:攻撃力1600・Lv4》を墓地から攻撃表示で特殊召喚。


 【コヨーテ:LP600→100】


 《磁石の鱗獣Z:攻撃力1600》→直接攻撃→アンナ


 アンナはダイレクト・アタックをよけました。ドローレーンに入り、ドロー&《勇気機関車ブレイブポッポ:攻撃力2400・Lv4》を攻撃表示で召喚。

 ウルフが通常魔法《磁力融合》を発動。


「磁力融合」通常魔法
自分フィールド上の「磁石の荒鷲Δ」「磁石の大猿E」「磁石の鱗獣Z」を1体ずつリリースして発動する。「超電磁竜マグネドラゴン」を融合召喚扱いとして自分のエクストラデッキから特殊召喚する。


 《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力3500・Lv8》を攻撃表示で融合召喚。《E・HERO フレイム・ウィングマン》のごとく、戦闘破壊したモンスターの攻撃力分だけ相手ライフにダメージを与えるモンスター効果を有しています。

 遊馬は、ドロー&《ブルブレーダー:攻撃力1600・Lv4》を攻撃表示で召喚。


「ブルブレーダー」地【獣戦士族・効果】☆×4
このモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、戦闘ダメージを無効にして、その相手モンスター1体を破壊できる。
ATK1600 DEF指で隠れていた。


 強すぎなイカ?

 ジャッカルは、ドロー&《磁石の破裂人形:攻撃力1000・Lv3》を攻撃表示で召喚。《マグネット・バンバドール》と読みます。戦闘破壊されると、相手に200ポイントの効果ダメージを与えます。

 コヨーテは、ドロー&《マグネット・ジャマー:攻撃力1200・Lv4》を攻撃表示で召喚。


(フィールド)
ウルフ(リーダー):《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力3500・Lv8》が攻撃表示。

ジャッカル(モヒカン):《磁石の破裂人形:攻撃力1000・Lv3》が攻撃表示。

コヨーテ(小柄):《マグネット・ジャマー:攻撃力1200・Lv4》が攻撃表示。

遊馬:《ブルブレーダー:攻撃力1600・Lv4》が攻撃表示。

アンナ:《勇気機関車ブレイブポッポ:攻撃力2400・Lv4》が攻撃表示。



 《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力3500》→攻撃→《勇気機関車ブレイブポッポ:攻撃力2400》


 《勇気機関車ブレイブポッポ》は戦闘破壊されました。


 【アンナ:LP4000→2900→500】


 《ブルブレーダー:攻撃力1600》→攻撃→《磁石の破裂人形:攻撃力1000》


 《磁石の破裂人形》は戦闘破壊されました。


 【ジャッカル:LP3600→3000】

 【遊馬:LP1000→800】


 ライフを500ポイント払い、ジャッカルは通常魔法《磁力蘇生》を発動。墓地から《磁石の破裂人形:攻撃力1000・Lv3》を攻撃表示で特殊召喚。


 【ジャッカル:LP3000→2500】


 アンナは、《轟雷特急トロッコロッコ:守備力1000・Lv4》を表側守備表示で召喚。


 《ブルブレーダー:攻撃力1600》→攻撃→《磁石の破裂人形:攻撃力1000》


 《磁石の破裂人形》は戦闘破壊されました。


 【ジャッカル:LP2500→1900】

 【遊馬:LP800→600】


 ここで、ゴーシュが入りこんできます。 《H・C スパルタス:攻撃力1600・Lv4》を攻撃表示で召喚済みなようで。《マグネット・ジャマー》のモンスター効果により、お互いが手札に戻されてしまいました。


 《ブルブレーダー:攻撃力1600》→攻撃→《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力3500》


 《超電磁竜マグネドラゴン》が、《ブルブレーダー》のモンスター効果により破壊されそうだ! コヨーテ&ジャッカルが、それぞれ《磁石の虹色獣:攻撃力700・Lv2》を攻撃表示で召喚。


「磁石の虹色獣」地【岩石族・効果】☆×2
表側攻撃表示の同名カードがフィールドに存在する場合、相手モンスター1体のモンスター効果を無効にできる。
ATK700 DEF700


 《ブルブレーダー》のモンスター効果は無効となります。

 ゴーシュは、《H・C エクストラ・ソード:攻撃力1000・Lv4》を攻撃表示で召喚。


 《H・C エクストラ・ソード:攻撃力1000》→攻撃→《磁石の虹色獣:攻撃力700》


 《磁石の虹色獣》は戦闘破壊されました。


 【コヨーテ:LP100→0】


 遊馬は、《H・C エクストラ・ソード:Lv4》、《轟雷特急トロッコロッコ:Lv4》、《ブルブレーダー:Lv4》をオーバーレイ。《碧眼のスキルゲイナー:攻撃力2500・ランク4》を攻撃表示でエクシーズ召喚。

 《H・C エクストラ・ソード》がエクシーズ素材になったとき、1000ポイント。《轟雷特急トロッコロッコ》が素材になったとき、800ポイント。モンスター・エクシーズの攻撃力をアップさせます。


 《碧眼のスキルゲイナー:攻撃力2500→3500→4300》


 オーバーレイ・ユニット1体を消費して、《碧眼のスキルゲイナー》のモンスター効果を発動。相手モンスター1体のモンスター効果を得ます。遊星がそういうモンスターを使用していましたね。《超電磁竜マグネドラゴン》のモンスター効果を奪い、戦闘破壊したモンスターの攻撃力分だけ、相手ライフにダメージを与えられるようになりました。


 《碧眼のスキルゲイナー:攻撃力4300》→攻撃→《磁石の虹色獣:攻撃力700》


 《磁石の虹色獣》は戦闘破壊されました。


 【ジャッカル:LP1900→0】


 庇ってきたジャッカル。ウルフは助かり去っていきました。そして、戻ってきました。魔法カード《ダイレクト・マグネット》発動。自分ライフとモンスターの攻撃力を半分にして、直接攻撃ができるようになります。

 アンナが《工作列車シグナル・レッド:攻撃力1000・Lv3》を召喚し、強制的にバトルさせます。


 《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力3500》→攻撃→《工作列車シグナル・レッド:攻撃力1000》


 《工作列車シグナル・レッド》は戦闘破壊されました。


 【アンナ:LP500→0】


 《碧眼のスキルゲイナー:攻撃力4300》→攻撃→《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力1750》


 《超電磁竜マグネドラゴン》は戦闘破壊されました。


 【ウルフ:LP2000→0】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

今回のZEXALについて

今回出たモンスターの攻撃名って碧眼のスキル・ゲイナはダーク・ブレイドで超電磁竜マグネドラゴンはマグネユートゥーロ?で磁石の大猿Eはコング・パンチで磁石の鱗獣Zはクロコ・アタックであってますかね?特にマグネドラゴンはちょっと自信がないですが、碧眼のスキル・ゲイナはOCGされるんでしょうかね?ガガガカイザーは効果はわからないですが、なんかガガガガールみたいにガガガシリーズと合わせると効果があるモンスターでしょうか?カイトが使ったフォトンカイザーみたいな効果でしょうかね?助太刀に入ったアンナとゴーシュのモンスターでエクシーズ召喚は凄かったですね。エクシーズ素材モンスターも攻撃力アップ効果がありますね。ブルブレーダーの効果は結構いいですね。不正に出場したアンナは徳之助と一緒にされるのはなんか普通にイヤですね。次回は遊馬のLPが少なくなり罠カードで運試しをする気ですが、こういう運ってガチでなさそうですね。ゴーシュはVと戦うみたいですね。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

  《ガガガカイザー》は興味ありますね。レベルの割には攻撃力が高いですので、デメリット効果も入りそうな予感。

 まさかの、仲間カードをエクシーズ素材に。熱い展開でした。エクシーズ素材となり効果を発揮するモンスターもじょじょに増えていきそうです。攻撃力アップだけでなく、貫通効果追加などもあると面白そうです。

 《ブルブレーダー》は普通に強かったです。弱体化されるかも。

 アンナは助けてくれていますし、徳之助とはまた違う。ゴーシュからも見逃されましたし。ゴーシュ、敗退しないか心配です。ガチデュエルで《ヒロイック》が活躍する所をちゃんと観たいですので。ロビン戦では、デュエルも省略されていましたし。

ガガガカイザーや今回出たカードのいくつかは7月に出るパックに収録されるかもしれないですね。碧眼のスキル・ゲイナーのエクシーズ召喚は遊戯王ならではの絆と結束の力ですね。アンナの乗ってるロケットってある意味凄い科学力ですね。アンナがコースターから落ちた時に助けに来たのはAIが優れてるからでしょうかね?アンナとゴーシュはある意味で気が合うタイプみたいですから対戦させてみたいですね。次回は謎に包まれてるカイトの師匠でもあるVがゴーシュとのデュエルになりますね。遊馬は残りLPが少ない状況をどうするのでしょうかね?デュエルコースターでは見た所ゴゴゴゴーレムなど裏守備にセット出来ない所を見るとモンスターは表側にしか出来ないのですかね?これって罠カードなどの区別をつけるためでしょうか?守備表示のモンスターカードは横向きではなく立て向きになってますから、デュエルコースター上のルールですかね?

5月7日のZEXALについて

30日のZEXALではトロンのコースターを追うカイト。5月7日では謎に包まれたトロンがドロワとデュエルをしますよ。ドロワはカイトの身を案じてトロンとデュエルするようですよ。遂に謎に包まれたトロンの実力が明らかになりますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。