スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這いよれ!ニャル子さん 第4話「マザーズ・アタック!」

這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 8 (GA文庫)
(2011/10/17)
逢空 万太

商品詳細を見る

 わりぃな。近頃は自重していたけど、私は男の娘がけっこう大好きなんだ。この子はショタですけど。ハス太が予想以上に可愛らしくて、キュアハッピーほどじゃないが萌えたぞっ! 性格も温厚そうで、頭を撫でたくなるような良い子です。男の娘が主人公の小説も書いておられますし、作者さんはそっちが得意方面? 性別がどうのこうの以前に、その正体はハスター。「黄衣の王」を化身とする旧支配者であります。アイキャッチで、ハス太が抱えこんでいたのが「黄衣の王」。「黄衣の王」という戯曲がありますが、精神を壊してしまうために、読まぬ方が吉。オーガスト・ダーレスの小説によく登場しますね。ときどき描かれている変なサインは、「黄の印」っす。つけられると、マジやばい。

 真尋ママが登場しました。邪神知識があり、ニャル子たちを警戒していました。息子とのスキンシップが激しいものですが、そろそろ卒業した方がよいかと思われます。マザコン疑惑が湧きますぞ。美人ママですから絵になる面もあり。ニャル子を嫁に認めるかと思いきや、きっぱりと線は引いていました。そりゃ、息子が旧支配者連中とラブラブになるのは嫌ですよね。母親として。

 今回もネタが豊富なようでしたが、私はよく分からぬ。「北斗の拳」ぽいのは、何となく理解できました。楽しそうなニャル子&クー子ですね。モンハンは未プレイです。ゆえに、「僕は友達が少ない」でもネタがピンと来ませんでした。「ティンダロスの猟犬」は、フランク・ベルナップ・ロングが書かれた小説ですね。薬で過去に意識を飛ばしすぎたら、時空間の果てで「ティンダロスの猟犬」に見つかって、アヒャーな物語でした。名状しがたき悪臭で、絶対に食べられません。「ダンウィッチの怪」は、愛クラフト大先生の描かれた作品です。アレはヨグ=ソトース&人間のハーフなのだ。「ショボーン」なクー子が可愛かったです。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/43004-8c7c.html




テーマ : 這いよれ!ニャル子さん - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。