スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第6話「大罪を犯す」

愚者のエンドロール (角川文庫)愚者のエンドロール (角川文庫)
(2002/07/31)
米澤 穂信

商品詳細を見る

 摩耶花は怒らせると五月蝿そうですね。嫁さんにすると大変そうです。里志はひらりひらりとかわしていて、よき感じかな。すぐに仲良く、元の鞘に納まりましたし。怒ることは悪いことかといえば、そうでもなく、必須の感情ですね。自分と周囲を傷つけやすいものですので、制御が必要かと思います。それができないオッサンが知り合いにいますが、評判がた落ちになります。えるさんと大体は同意見かな。謎の方はといえば、「知らんがなぁ」と答えたくなる一品でした。回りくどくて分かりにくい質問の仕方には、リアルさを感じてしまいますが。数学の問題自体は簡単ぽかったですけど、数学得意な生徒もできなかった? 世界史の授業は退屈そうです。歴史系の本は好きですけど、授業で聴くとつまんないのは何故に? 推理よりも、奉太郎のえるへの気持ちに注目っすか。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/52706-4508.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65679044.html
http://twodimension.net/archives/2012/0529_064154.shtml


テーマ : 氷菓 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。